본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ADB、韓国の今年の成長率2.6%に下方修正…物価上昇率は4.5%に上方修正

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

昨年12月1日、釜山南区(プサン・ナムグ)戡湾(カムマン)ふ頭で輸出用コンテナ船舶に船積みしている。ソン・ポングン記者

アジア開発銀行(ADB)が今年の韓国の物価上昇率予測値を4.5%に引き上げ、経済成長率予測値は2.6%に引き下げた。企画財政部によると、ADBは21日、こうした内容を含む「2022年アジア経済見通し補充」を発表した。

通常、ADBはアジア域内経済見通しを年4回発表する。4月に年間見通しを発表し、6-7月に補充見通し、9月に修正見通し、12月補充見通しで修正する。

ADBは韓国の今年の物価上昇率予測値を4月の3.2%から1.3ポイント引き上げた4.5%と提示した。国際商品価格の上昇と新型コロナ以降の消費急増が複合的に影響を及ぼし、物価上昇率を高めているという分析だ。

来年の韓国の物価上昇率は今年より低い3.0%と、ADBは予想した。ただ、来年の物価上昇率予測値も4月の2.0%より1.0ポイント引き上げた。

韓国の今年の成長率予測値は4月の3.0%から2.6%に0.4ポイント引き下げた。ADBは韓国の堅調な対外需要が消費・投資鈍化を相殺したが、今後は利上げと世界経済の減速が成長率の制約要因になると予想した。

ADBの今年の韓国の成長率予測値はKDI(2.8%)、OECD(2.7%)、韓銀(2.7%)より低く、IMF(2.5%)より高い。政府の2.6%と同じだ。ADBは韓国の来年の成長率予測値は2.6%を維持した。

一方、ADBはアジア開発途上国46カ国(アジア太平洋地域加盟49カ国のうち日本・オーストラリア・ニュージーランドを除外)の今年の物価上昇率を4月の4.7%から0.5ポイント引き下げた4.2%と提示した。物価上昇の核心理由には原油価格・食品物価の上昇を挙げた。ただ、アジア開発途上国は他の地域と比べると物価上昇率が高くないという見方を示した。

来年の物価上昇率予測値は3.5%と、4月(3.1%)より0.4ポイント引き上げた。アジア開発途上国の成長率は今年4.6%、来年5.2%と予想した。4月の予測値をそれぞれ0.6ポイント、0.1ポイント下方修正した。

ADBは、域内の新型コロナ影響緩和にもかかわらず、ウクライナ情勢による供給問題、米国・欧州連合(EU)など主要国の攻撃的な緊縮の影響を反映して成長率予測値を引き下げた、と説明した。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기