본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「プーチンは新たなヒトラー」…ウクライナ支持に出たロシア歌手

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

マリア・アリョーヒナさん

「聖母よ、処女マリアよ。プーチンを追い出してください。主教様はプーチンを信じておられる」

ロシアの代表的な反プーチン女性パンクロックバンド「プッシー・ライオット」が歌った歌だ。このバンドは10年前にモスクワ大聖堂でゲリラ公演を行い、リーダーのマリア・アリョーヒナさん(34)が懲役2年刑を宣告された。出所後もウラジーミル・プーチン大統領批判の先鋒に立っているアリョーヒナさんは最近ウクライナ反戦運動を主導していて再び注目されている。

アリョーヒナさんは昨年夏以降、6回にわたり短期服役した。容疑はすべてウクライナ戦争の批判だ。4月には自宅に軟禁されていたがが配達員を装って脱出した。政治難民としてアイスランドに逃避し、今は別の場所に避難して身を守っているが、具体的な場所は知らされていない。

アリョーヒナさんは11日(現地時間)、英紙ガーディアンとの画像インタビューで「私のいわゆる『脱出』についてさまざまな話はあるが、移民の計画はない。ただウクライナを助けたいだけ」と話した。プーチン大統領に対しては「ロシアの新たなヒトラー」と非難した。プーチン大統領が過去のインタビューでロールモデルとしてソ連の独裁者ヨシフ・スターリンを挙げたことに言及した後、「(プーチンの話を)注意深く聞けば彼がどこへ行こうとしているのか予測することができる。プーチンはテロリストであり戦犯であり、裁判を受けなければならない」と主張した。

アリョーヒナさんは現在バンで生活していて欧州巡回公演など芸術活動をしながら募金運動を行っている。Tシャツを売って1万ユーロ(約137万円)の収益を上げてウクライナの病院に寄付したほか、恋人のルーシー・シュタインさんと一緒に自宅軟禁中に着用していた電子アンクレットを溶かしてNFT(代替不可能トークン)として発行した。

アリョーヒナさんは「プーチンとロシアが作った悪夢を考えればじっとしていることができない」とし「人間として、特に芸術家としてウクライナの連帯と戦争中断を促すのは極めて重要」と強調した。

アリョーヒナさんは「ウクライナ戦争の基礎を提供したのは西欧の資本」とも主張した。特に「(2014年)クリミア半島合併後、静かすぎる西欧社会が衝撃的だった」とし「ドイツはプーチン政権に武器を売り、ロシア財閥の資本はロンドンに流れて行った」と述べた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기