본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「7歳の子どもが黄色い胃液まで吐いた」…洪川の水遊び場で起きたこと=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

洪川郡水遊び場の全景[写真 洪川郡]

江原洪川郡(カンウォン・ホンチョングン)の地域水遊び場を利用した利用客が団体で嘔吐症状を見せて洪川郡が5日、原因調査に着手した。

洪川郡はこの日、郡内淵鳳里(ヨンボンリ)生活体育公園に運営中である水遊び場を行ってきた一部の利用客が嘔吐や高熱など異常反応で苦痛を訴えたことを受け、疫学調査とともに水質検査を依頼するなど原因分析に入ったと明らかにした。また、水遊び場は原因が究明されるまで当分閉鎖措置をとることにした。

該当水遊び場は1日開場し、社会的距離の確保廃止により利用客数を郡民に限って一日に500人から最大750人に拡大した。開場初日から3日間入場した利用客が2600人余りが訪れ、昨年同期より300%増えるほど人気だった。水遊び場は子どもプール2カ所や幼児プール1カ所、154メートル規模の流水プールで形成されている。

しかし、3日水遊び場を行ってきた一部の利用客を中心に嘔吐、高熱など異常反応を見せ始めた。地元の育児情報交換サイトには「子どもたちが水遊び場を行ってきた後、嘔吐や腸炎症状を見せる」という投稿があったうえに、地元病院にも同じ症状を見せた患者の訪問が続いた。

洪川郡関係者は「病院など地域社会に疑い症状が発生することを受け、水質分析を江原道保健環境研究院に依頼して把握することにした」として「原因が究明される前まで当分水遊び場は閉店することにした」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기