본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、新型コロナ再流行? 新規感染者20日ぶりに1万人超

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中央災害安全対策本部のイ・ギイル第1総括調整官(保健福祉部第2次官)[写真 保健福祉部]

29日新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)一日感染者数が再び1万人を超えた。9日以降20日ぶりだ。防疫当局は新型コロナの流行が増加傾向に転じているとし、再流行の可能性に緊張感を高めている。この日、中央災害安全対策本部のイ・ギイル第1総括調整官(保健福祉部第2次官)は政府世宗(セジョン)庁舎で主宰した中央災害安全対策本部会議の冒頭発言で「6月9日以降20日ぶりに初めて感染者数が1万人を超えた」として「感染再生産指数も4月末に0.7まで落ち、最近増え続けて昨日(28日)は1.0に上がった」と明らかにした。また「感染再生産指数が1を超えたというのは新型コロナの流行が減少傾向から増加傾向に転じているということを意味する」と説明した。感染再生産指数(Rt)は感染者1人が周りの人に何人を感染させたかを数値化した指標で、1以上だと流行が拡散して1未満は流行が抑えられているという意味だ。イ総括調整官は「すでにドイツ・フランス・英国など欧州では新型コロナ感染者数が増加しているが、共通の原因としてBA.4、BA.5変異ウイルスの拡散と夏の休暇シーズンの移動量の増加が挙げられている」とし、韓国も変異ウイルスが広がっており、夏の移動量が増加しているので格別の注意が必要だ」と指摘した。最近、韓国国内感染者のBA.5ウイルス検出率は国内感染7.5%、海外流入32.8%だ。また「今はいつにもまして先制防疫措置が必要な時期」として「関係部署と地方自治体ではその間集団感染が頻繁だった施設に対する防疫管理に先に力を入れてほしい」と訴えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기