본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「校内隔離」北京の大学生が奇襲デモ…6・4控えて中国当局は緊張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北京の複数の大学で防疫封鎖措置に反発する学生たちのデモが起きた。[写真 ツイッター キャプチャー]

中国当局の過度な新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)防疫政策に不満を募らせている北京の大学生による校内デモが相次いでいる。時期的に1989年6月4日天安門で起きた民主化運動流血鎮圧から33年目を控えていることもあり中国当局が緊張している。

24日午後8時ごろ、北京師範大学生300~500人余りが学校側に帰郷許可を要請して集団デモを行ったと香港明報が26日に報じた。4月末にオミクロン株が拡大して以来、北京の大学街は対面授業を中断して学生の出入りをストップし、寮も事実上無期限封鎖状態だ。

この日午後、北京師範大学邱季端体育館前に学生デモ隊が集結し、デモを主導した学生がスマートフォンで校歌を大音量で流しながら懐中電灯をつけるというやり方でろうそくデモを率いる映像がソーシャルメディア(SNS)を通じて拡散した。デモの映像は検閲によってすぐに削除された。検索語ハッシュタグ「#北京師範大デモ」も禁止語に指定された。デモ隊は学校側が帰郷を許可し、デモに対して処罰しないことが約束された後、0時を越えて解散した。

この日大学生が「大楚興、陳勝王(大礎が興り、陳勝が王になる)」というスローガンを掲げてデモを始めたことに注目すべきだとラジオ・フリー・アジア(RFA)が25日報道した。これは紀元前209年に中国初の農民蜂起である陳勝・呉広の乱当時に反乱軍が使った「合言葉」として伝えられている。

23日には北京政法大学で帰郷後のオンライン授業を要求するデモが広がり、学校側は翌日これを受け入れたと伝えられた。16日には北京大学万柳キャンパスで過度な防疫措置に反対する学生デモが起き、北京大学側は先週末から学生の帰郷を推奨している。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기