본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

汚水の中で素足で踏みつけて漬物を…中国人も「汚すぎて食べられない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

[微博キャプチャー]

中国の非衛生的な漬物食品製造過程の暴露が相次ぎ、21日、波紋が広がっている。

官営中国中央テレビが15日の中国消費者の日に合わせて、酸菜(漬物の一種)の非衛生的な製造過程を暴露して一度物議を醸したことに続き、この日は中国版ツイッターの微博(ウェイボー)に中国人がよく食べるサヤインゲンの漬物製造過程の映像が公開された。

映像には河南省のある農村地域でサヤインゲンの漬物を作る様子が映っていた。汚水のように見える白濁した水に漬けたサヤインゲンが登場し、作業員は水溜りに裸足で入ってこのサヤインゲンを踏みつけながら漬物を作っている。サヤインゲンの漬物は中国の代表的な漬物食品の一つで、タニシでダシをとったスープにビーフンなどをいれる「ルオスーフェン」の材料としても使われる。

微博では該当の映像が公開されて2時間後に「ルオスーフェンサヤインゲン漬物」ハッシュタグが閲覧1億回を越えてホットイシュー1位にランクインした。ネットユーザーは「酸菜問題が起きて1週間も経っていないのに、また食品衛生問題が起きた。一体信じて食べられるものがあるのか分からない」「汚すぎて食べられない」などの批判的意見が続々と寄せられた。

一方、15日に中国中央テレビが公開した酸菜製造過程では、作業員が裸足で漬物の容器に入り、吸ったたばこの吸殻を容器の中に捨てる様子などが映像に映っていた。昨年3月にもフォークレーンでハクサイを運んだり、上着を脱いだ男性が塩水を溜めた中に入ってハクサイを塩漬けにしたりする場面が登場して、韓国の輸入キムチ消費者に大きな衝撃を与えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기