본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

プーチンの怒り呼んだ「ウクライナ誤判断」…ロシア情報部員、粛清の対象に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

プーチン大統領

冷戦期間に恐怖の対象だった旧ソ連国家保安委員会(KGB)の後身であるロシア連邦保安庁(FSB)がウクライナ侵攻で体面を台なしにしたと外信などが報道した。

AFP通信は15日、FSB第5局のセルゲイ・ベセダ局長とアナトリー・ボリュク副局長が自宅軟禁状態で調査を受けていると伝えた。ロシア当局は「資金横領調査」と明らかにしたが、実際にはウクライナを侵攻する過程で役割をまともにできなかったためという観測が出ている。第5局はウクライナなど旧ソ連に属していた国を管轄する部署だ。

ロシアの人権運動家ウラジミール・オセツキン氏は「公式には資金横領調査としているが、侵攻を控えウクライナに関する誤った情報を報告したため」と主張した。先にFSBはロシア軍がウクライナに入る場合、現地で抵抗を受けないだろうとプーチン大統領に報告したという。また、速戦即決でウクライナを占領できると判断した。

しかし実際は反対だった。ウクライナのゼレンスキー大統領をはじめ、ウクライナの官民はロシア軍に命がけで抵抗した。これはロシア軍がウクライナで苦戦する決定的理由に挙げられる。AFPは西側消息筋の話として「ウクライナの強力な抵抗とロシアを歓迎しない地域住民の態度がプーチン大統領を腹立たせた」と伝えた。

米国戦争研究所(ISW)など専門家らはプーチン大統領がFSB要員を一部粛清する可能性があると予想する。しかしFSBを捜査するロシア当局は否定している。外信によるとロシア当局は「名の知られた人たちが尋問を受けているが、依然として業務を行っている」として「粛清報道は誇張」と明らかにした。

FSBは保安でも素人のような失敗を連発した。8日にロシア41軍首席副司令官ビタリ・ゲラシモフ少将が死亡したという情報の出所はFSB要員だった。この要員は一般携帯電話で通話しウクライナ国防省に傍聴された。

また、ゼレンスキー大統領もFSB内部から流出した情報を通じ暗殺の危機を克服したという。このような内容が西側メディアを通じて相次ぎ報道されプーチン大統領が気分を損ねたとみられる。

KGB大佐出身であるプーチン大統領はロシアの情報力に自負心を持ってきた。そのため期待に沿えなかったり裏切れば容赦なく除去した。そのため西側メディアは2016年の元KGB要員アレクサンドル・リトビネンコ氏の毒殺事件の背後としてプーチン大統領を名指しした。

失敗を連発したFSBはプーチン大統領が好むニュースだけ選んで報告しているとAFPは報道した。AFPはフランス情報部員の話として「FSBでプーチン大統領が悪い知らせをあまり多く受けないよう情報を省いて報告している」と伝えた。

これに先立ちKGBはソ連時代に無慈悲な殺害工作を展開し世界で恐怖の対象だった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기