본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「むくんだ顔のプーチン氏、間欠爆発症」…ウクライナへの無差別攻撃の理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ロシアのウラジミール・プーチン大統領

ロシアのウラジミール・プーチン大統領の攻撃的な行動はステロイド薬の過多使用のためだと12日(現地時間)、デイリー・メールなど外信が報じた。

デイリー・メール、ニューヨーク・ポストなどによると、最近西側諸国の情報機関連合ファイブ・アイズ(Five Eyes)関係者は「プーチン氏が『ロイド怒り』を病んでいるという便りを聞いた」と報じた。

ロイド怒りとは、ステロイド薬を長期使用する場合に現れる副作用で、間欠性爆発性障害などの脳疾患を伴うと知られている。

関係者は「最近5年間プーチン氏の意思決定に明らかな変化があった。過去とは違い、明確性が著しく落ちている」として「プーチン氏がウクライナ情勢に関連してまともな判断を下せずにいる確率が高い」と伝えた。

また、「パーキンソン病、認知症、がんなどを治療するためにステロイド薬を過多使用したのが問題になったとみられる」と主張した。さらに、最近プーチン氏のむくんだ顔をその証拠にあげた。

ドナルド・トランプ行政府時代、米国家安全保障会議(NSC)欧州ロシア担当の上級理事として、プーチンと何回か会ったことのあるフィオナ・ヒル氏も「プーチン氏の顔がむくんでいる。多量のステロイド薬の使用やプーチン氏の個人的な問題も関連した緊急な状況があるようだ」と伝えたことがある。

これに先立って、プーチン氏は大統領執務室であるクレムリン宮殿で訪問客と過度に遠く離れて座ったり、外国首脳と会談を行うときやセルゲイ・ショイグ国防相など核心要人と会議を行うときも5メートル以上の距離を置いて論議を呼んだ。

一方、プーチン氏はこれまでパーキンソン病からアスペルガー症候群、傲慢症候群(hubris syndrome)など様々な健康不安説が提起された。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기