본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

プーチンろう人形の屈辱…頭はずされパリろう人形館の倉庫に入れられる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ロシアのプーチン大統領

フランスのパリにあるグレバンろう人形館がウクライナ侵攻を決めたロシアのプーチン大統領の人形を展示室から撤去した。

ロイター通信が1日に伝えたところによると、グレバンろう人形館はこの日プーチン大統領の人形を倉庫に移し、今後公示があるまで取り出さないと明らかにした。

このろう人形は2000年に作られたもので、米国のバイデン大統領と中国の習近平国家主席の人形の間に置かれていた。

グレバンろう人形館はプーチン大統領があった場所にウクライナのゼレンスキー大統領の人形を展示することを検討中だ。

デロモー館長は現地メディアのフランスブルーラジオに「いまのような状況でプーチン大統領のよう人物の人形を展示するのは不可能だ。美術館の歴史上現在進行中である歴史的事件のために人形を撤去するのは初めて」と明らかにした。

彼は先週末にプーチン大統領の人形が複数の訪問客から「攻撃」を受け髪の毛付近が損傷したとし、「スタッフは毎日プーチン大統領の頭を固定し外観を手入れしたくない」と話した。

続けて「だれがプーチン大統領の人形があった席を埋めるのか」との質問にゼレンスキー大統領の人形を言及した。

彼は「ゼレンスキー大統領は祖国を離れず抵抗し英雄になった。ゼレンスキー大統領は過去と現在の偉人の中でも完璧に自分の位置を用意するだろう」と付け加えた。

1882年に設立されたグレバンろう人形館は欧州で最も古いろう人形館のひとつで、歴史的人物をはじめ450体の人形が展示されている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기