본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国、マスクを外したにも一日感染者80万人→8万人…韓国では急増する理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナ新規感染者が10万人(9万3135人)に近づいた17日、大田(テジョン)の保健所の新型コロナ選別診療所で、市民が迅速抗原検査とPCR検査を受けるため列に並んでいる。キム・ソンテ記者

米国でオミクロン株にともなう新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の拡大傾向が急激に落ち着く様相を見せている。一時80万人を超えていた一日新規感染者数はオミクロン株の拡大前の水準である8万人台に落ちた。

ニューヨークタイムズ(NYT)によると、21日(現地時間)基準で米国の7日間一日平均新規新型コロナ感染者は8万9024人ということが分かった。これは2週間前より65%減少した数値で、新規感染者がパンデミック(世界的大流行)期間の最多となった先月14日(80万6795人)より10分の1に減った水準だ。

また、米国で初めてオミクロン株による感染者が発生していた昨年12月1日には一日平均感染者が8万6559人だったが、オミクロン株拡大以前の水準に戻ったとみられるとNYTは伝えた。

新型コロナの拡大が鈍化し、一時16万人に迫っていた一日平均入院患者数も6万5800人余りに減少した。ただし、死亡者は2096人で依然として2000人を上回っている。しかし、これも2週間前よりは19%減少したものだ。

新型コロナ状況が好転し、米国49州では州政府レベルでマスク着用を義務付ける措置をすでに解除し、または解除する動きを見せている。最後に残ったハワイ州もマスク義務化の解除と方針を決めて適切な時点を検討している。

一方、韓国の場合、最近20万人台に近い感染者が発生している。この日、中央防疫対策本部によると、0時基準で新規感染者数は17万1452人だ。先月、第3週目(1月16~22日)にオミクロン株が韓国で優勢株に位置付けられた後、感染者数はほとんど毎週2倍に増加している。

まだ頂点時期などをめぐっては、国内専門家ごとに意見が分かれるが優勢株になるまで7週間がかかったため、頂点到達時期も7週後である3月中旬ぐらいになると予想ている。米国・英国など海外事例をみると、オミクロン株が優勢株になってから頂点到達まで短くて3週間から長くて5週間ぐらいかかった。

韓国が頂点到達までかかる時間がさらに長いのは実際感染を通じて「自然免疫」を獲得した人員が少ないためだという分析だ。比較的に高い3回目の接種率とマスク着用など徹底した防疫守則の順守で感染者数の急増を抑制してきたが、これがむしろオミクロン株の流行期を伸ばしたということだ。ただし、感染者の増加傾向がこれ以上激しくなれば、頂点時期が専門家の予測より早くなる可能性があるという分析もある。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기