본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ワクチン接種1600人死亡? 当局「事実ではない…因果性確認2件」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国の防疫当局が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン接種後の死亡事例に関連して「ワクチン接種後に死亡した事例は約1600件程度だが、このうち因果性が確認されたのは2件にすぎない」と20日、明らかにした。

中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)社会戦略班長はこの日午前に開かれたバックブリーフィングで「接種に関連して非科学的な部分が公然と話されている」とし「現在まで異常反応で死亡したと申告された事例は約1200件で、死亡届は出していないが死亡した患者数は1600人だ」と説明した。

続いて「科学的に徹底して検証した結果、このうち因果性が確認されたのは2件であり、根拠が不充分な事例を含めても13件だ」とし「ワクチン接種によって1500~1600人が死亡したというのは非常に非科学的であり、事実とも符合しない」とした。

あわせて「全く事実と符合しない内容に(国民が)耳を傾けないようにお願いしたい」とし「それぞれの事件が時期的に1~2週以内に発生し、予防接種によって死亡したのではないかと疑ってしまうことは理解するが、これによって申告につながり客観的に調査が行われて発表される点もまた考慮してほしい」と反論した。

孫氏は「因果性検証は韓国だけがしているわけではなく、各国の傘下機構、民間研究機関で繰り返し検証している」とし「ブレイクスルー感染(突破感染)が未接種者感染よりも多いためワクチン接種の効果がないという主張も非科学的で、非常に根拠がない話」と主張した。

孫氏はまたオミクロン株対応段階の転換時点に関連して「曜日別の感染者発生推移を考慮して(一日に)7000人台で平均傾向が形成されれば転換を始めることになる」と明らかにした。

続いて「特に市中感染者を基準に7000人程度の感染者ラインが形成されることを重要な基準と見ている」とし「機械的に7000人を超えたらすぐに施行するというよりは、先に発表をして開始時点を決めて(対応段階を)運営することになる」と説明した。

孫氏は「現在オミクロン株が優勢株への転換が進んでいる基点にあり、完全に優勢株に位置づくとみられる今後のソル(旧正月)連休3週間が重要だ」としながら「最も重要な(感染予防)実践方法は新型コロナワクチン予防接種」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기