본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

トンガの火山噴火により1万キロ離れたペルーで原油流出事故

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2022年1月14日:14日の1度目の噴火後、2度目の噴火が起きる前の15日の写真。 2つの島に分離したように見える。

南太平洋のトンガで15日に発生した海底火山の噴火で高波が発生し、南米ペルーの海岸でタンカーが原油流出事故を起こした。

ペルー民防衛研究所は報道資料でイタリア船籍のタンカーが16日に太平洋沿岸の石油精製工場に原油を輸送していたところ、高波で揺れ流出事故を起こしたと明らかにした。ペルー政府は連邦・地域当局が海岸を清掃するため努力していると明らかにした。原油がどれだけ流出したのかは明らかにしていない。

ペルー当局はトンガの海底火山噴火による通常と異なる高波が17日にペルーの海岸で原油流出事故を起こしたが数時間で統制され、該当地域で回収作業をしていると明らかにした。当局は防除が行われている首都リマ近郊カヤオのベンタニジャ地区の海岸への一般人の立ち入りを規制している。

カヤオにある石油精製工場はスペイン企業の所有で、ペルーの主要石油精製工場のひとつだ。

15日に発生したトンガの海底火山噴火で太平洋を横断する津波が発生した。ペルーでは女性2人がなみにさらわれ死亡し、ニュージーランドと米カリフォルニア州サンタクルーズまで軽微な被害が報告された。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기