본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国党政「2月、一日感染者2~3万人の可能性」…現行の「社会的距離の確保」延長続くか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナが拡大しているなか、12日大田(テジョン)のある選別検査所で医療スタッフが訪問した市民を慎重に検査している。キム・ソンテ

共に民主党と政府が新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の拡大防止のために現行の社会的距離の確保の延長に重きを置いて検討中だ。

民主党は12日午後、国会で党政懇談会形式で行われた「新型コロナ非常対策本部第3回会議」で新型コロナ状況が悪化すると予想され、このように協議したと明らかにした。

シン・ヒョニョン院内報道官はブリーフィングで「2月に一日新規感染者が2~3万人発生する可能性があると予測され、今年上半期に感染者が継続して増加する可能性があるという政府報告を受けた」と話した。

同じ流れで食堂やカフェに対する営業制限緩和の可能性に関連しても「オミクロン株の拡大傾向や旧正月連休の拡大危険性などを考慮し、現状況で防疫状況が悪化することに備えて緩和よりは安定的に措置を取るべきだという意見が大方の見方だった」と否定的な立場を見せた。

ただし、この日に議論されたのが確定したわけではなく、合理的で最適な案を探るために追加の議論が続くと予想されるというのがシン院内報道官の説明だ。

同時に、「深夜劇場などマスクをつけて防疫指針を守りながら営業が可能な業種に対しては微細調整の可能性を検討してほしいと政府に求めた」と話した。

さらに、民主党は防疫パスの適用に関連しても、裁判所の結論と関係なく最近指摘された問題点や例外事項に対して合理的な検討が必要だという意見を政府に伝えた。

私的な集まりの人員を全国4人に、食堂などの営業時間を午後9時まで制限する現行の社会的距離の確保は16日まで施行される。政府は社会的距離の確保を調整するかどうかを検討して14日に発表する予定だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기