본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ワクチン接種率最上位のニューヨーク・ニュージャージーで感染者急増…その理由とは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルスワクチン

米国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のオミクロン株が恐ろしい勢いで広まっている。8日(現地時間)、一日平均感染者数が65万人(最近7日間の累積感染者数を7で割ったもの)を超えて歴代最高記録をまた更新した。入院患者と死亡者も増加傾向で、一部地域は学校の授業をリモートに切り替えた。ワシントンDCと50州のうち38州が、2020年初頭に新型コロナが発生してから最高感染者数を記録した。

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の集計によると、8日基準で米国の最近7日間の一日平均新規コロナ感染者は65万6478人を記録した。2週間前に比べると3倍以上増えて連日新記録を出している。

新規感染者は全米で増加しているが、最近ではコロナワクチン接種率が比較的高いニューヨーク・ニュージャージー・マサチューセッツ州やワシントンDCなど北東部地域で多くの感染者が報告されているとNYTは指摘した。

NYTは専門家の言葉を引用して多くの米国人がワクチンを接種したが、それでも感染者が多いのは従来のコロナワクチンがデルタ株ほどオミクロン株の感染予防に効果的ではないことを暗示していると伝えた。

ニューヨーク州はワクチンを1回以上打った人は85.2%、接種完了者は72.4%で、米国内のワクチン接種率で最上位圏だ。

だが先週、人口10万人あたり360人の感染でロードアイランド州に次いで感染者が多かった。

人口10万人あたり391人で最も多くの感染者が出ているロードアイランド州はワクチン接種率が1回以上90.5%、完全接種率77.1%で米国内2位だ。

専門家はオミクロン株感染者が無症状や軽症なので検査を受けていない可能性があるほか、検査所に人が殺到しているため検査自体をあきらめる人々がいることも考慮すると、感染者数は実際より少なく集計されているのではないかと考えている。

オミクロン株は伝播力は強い一方で致命力は弱いと伝えられたが、最近入院患者と死亡者数が同時に上昇している。全米における入院患者は2週間前より72%増えた約12万人水準で、一日平均死亡者は11%増加した1499人。

入院患者数は新型コロナ発生以来、最高値だった昨年1月中旬ごろの約14万人に近づいた。問題は医療スタッフの感染続出による隔離とバーンアウト(燃え尽き症候群)などで患者を治療する人材が不足して医療の空白が生じる危険だとCNNは伝えた。

こうした中、シカゴなど一部の地域は対面授業をリモート授業に切り替えようとしている。シカゴ教師労組は表決でリモート授業の実施を決めたが、教育当局から反対を受けて交渉中だ。ウィスコンシン州ミルウォーキーの学校はひとまず18日までリモート授業を行うことにしたが、教師労組はその後も延長を主張している。

シカゴ市のロリ・ライトフット市長(民主党)やミゲル・カルドナ教育長官らバイデン政府は「学校は安全だ」としながら対面授業継続の必要性を強調していて、授業の扱い方を巡って衝突が予想される。

バイデン政府は学校が再びリモート授業に戻れば防疫政策の大きな後退を意味するためこれを阻もうとしている。一方では対面授業に反対する教師労組と一部の保護者との葛藤が深まる場合、政治的に逆効果を生む場合もあり頭を悩ませている。

昨年末、バージニア州知事選挙で学校行政などに対する不満で白人中産層の票の多くが共和党に集まり、民主党は州知事職を共和党に譲り渡すという敗北を経験したばかりだった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기