본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「マイクロLED vs OLED」サムスン・LGの終わらないテレビ戦争

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サムスン電子のマイクロLED「Lifestyle TV」。今月5日から8日(現地時間)まで米国ラスベガスで開かれる「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2022」で公開される。[写真 サムスン電子]

LGエレクトロニクスのLG OLED(有機EL)「Evo」オブジェコレクション。今月5日から8日(現地時間)まで米国ラスベガスで開かれる「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2022」で公開される。[写真 LGエレクトロニクス]

サムスン電子とLGエレクトロニクスが多数の新製品を引っ提げ、今年もテレビ市場で「真剣勝負」を繰り広げる。特に今年はグローバルテレビ出荷台数が5年ぶりに最低値まで下落するとみられている年なので、両社の競争は一層熾烈になるのではないかとみられている。

3日、関連業界によると、サムスン・LGエレクトロニクスは5~7日(現地時間)に米国ラスベガスで開かれる「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2022」で新型テレビをそれぞれ公開する。

サムスン電子は今回のCESでマイクロ発光ダイオード(LED)110・101・89型モデルを初公開する。マイクロLEDはマイクロメートル単位のLEDが自発光して最上の画質を実現する技術だ。

主力プレミアムテレビ「Neo QLED」新製品も公開される。光の明るさを従来(4096段階)の4倍向上させた1万6348段階まで細かく調整できる技術を適用した。そのため明暗の微細な表現と立体感が改善され、テレビ上面に上向き(Up-firing)スピーカーを追加で搭載してサウンドを強化した。サムスン電子はまた光反射を防止する技術などを導入した「The Frame」「The Serif」「The Sero」等のLifestyle TVシリーズも大挙公開する。

これに対抗してLGエレクトロニクスは「The Better Life You Deserve(より良い日常)」をテーマにテレビを含む多彩な製品を公開する。特にLGエレクトロニクスが主導する有機発光ダイオード(OLED)テレビとプレミアム液晶表示装置(LCD)テレビという「二兎」を追う計画だ。LGエレクトロニクス関係者は「次世代OLEDパネルとアップグレードされた映像処理技術でさらに明るく鮮明な画質を誇るLG OLED『Evo』ラインナップを含むOLED全製品群を公開する」と話した。OLEDテレビブランド強化のために芸術分野とのコラボレーション事例を集めた展示館「LG OLED Art」も用意する。

LCDテレビにも力を集中した。LGエレクトロニクスは今回のCESで独自開発した高色再現技術「量子ドット・ナノセル・カラーテクノロジー」を適用した「LG QNED MiniLED」と「LG ナノセルテレビ」など、2022年型プレミアムLCDテレビのラインナップを公開する。韓国で完売を記録したLG StanbyMEなどライフスタイルテレビも展示する。

一方、市場調査会社「Omdia(オムディア)」は今年全世界のテレビ出荷量が2017年以降最も少ない2億1570万台になるものと予想した。Omdiaは「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が長期化したため、ピークアウト(peak-out・需要が頂点をつけて下降する現象)が本格的に始まるだろう」と見通した。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

1/2

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기