본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党大統領候補、産婦人科を「女性健康医学科に名称変更」公約…「日帝の残滓」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補 イム・ヒョンドン記者

韓国与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補が「産婦人科」という名称が日帝の残滓であり時代錯誤的な認識を含むと指摘し、これを「女性健康医学科」に変更すると公約した。

李候補は22日、フェイスブックで「産婦人科は婦人だけを治療? 女性健康医学科に変えて医療アクセスを高めます」と題した文章を載せた。この公約は李候補の「些確幸(些細だが確実な幸福)公約」シリーズ11回目だ。

李候補は「未婚の女性が産婦人科に行くのは非常に難しい。妊娠・出産など既婚女性のための病院という先入観が大きいため」と指摘した。李候補は、未婚女性の80%以上が一般病院に比べて産婦人科は「行きにくい」と答えた世論調査結果も引用した。

続いて「医療法を改正して産婦人科の名称を女性医学科に変更する」とし「産婦人科という名称は女性を婦人を呼んだ日帝の残滓だ。依然として女性の健康と疾患を婦人病と呼ぶ時代錯誤的な認識が、女性青少年と未婚女性の病気を重くしている」と強調した。

李候補は「過去にも診療科目に関する認識改善のために小児科を小児青少年科に、精神科を精神健康医学科に変更している」とし「細部的な制度改善と共に現場の混乱がないよう共に準備する」と説明した。

李候補は名称の変更をはじめ、婚姻と出産、年齢に関係なくすべての女性が安心して気楽に利用できる医療環境をつくると主張した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기