본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

IMF「GDP比の国家債務増加ペース、韓国が先進35カ国のうち1位」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

IMF「GDP比の国家債務増加ペース、韓国が先進35カ国のうち1位」

韓国の今後5年間の経済規模に対する国家債務増加ペースは先進国35カ国のうち最も速いという分析があった。

国際通貨基金(IMF)が最近作成した「財政点検報告書(Fiscal Monitor)」によると、5年後の2026年には韓国の一般政府国家債務はGDP比66.7%になると予想された。これは今年末基準の51.3%より15.4ポイント高い。

こうした韓国の債務比率上昇幅(15.4ポイント)はIMFが先進国に分類した35カ国のうち最も大きい。同じ期間、35カ国の債務比率は121.6%から118.6%に3.0ポイント下落すると予想された。米国・英国・フランス・ドイツ・日本・カナダ・イタリアの主要7カ国(G7)のGDPに対する債務比率は139.0%から135.8%へと3.2ポイント下落する。

韓国の国家債務比率は絶対規模の面では他の先進国と比較して低い。問題は速度だ。少子高齢化の余波で今後、税金を出す人は減少する半面、税金の恩恵を受ける階層は増加する。急増する福祉需要に対応するための財政余力を備蓄しておくべきだが、最近の韓国の国家債務増加推移は過度に速いという指摘が出る背景だ。

実際、GDPに対する債務比率上昇幅は2位のチェコが8.7ポイント、3位のベルギーが6.3ポイント、4位のシンガポールが6.0ポイント、5位の香港が3.8ポイントで、10ポイント台は韓国が唯一。政府は昨年の長期財政見通しで2060年にGDP比の国家債務比率が64-81%まで上がると予想している。

特にポストコロナ時代、韓国と先進国の債務比率は今年と来年から方向性が分かれる。IMFの先進35カ国のGDPに対する債務比率は昨年の122.7%から今年は121.6%へと1.1ポイント低下する。2022年には119.3%へと今年比2.3ポイント下がる。先進国は新型コロナ状況で肥大化した財政の役割を今年から減らし始め、来年はその速度が倍以上になる。

例えばカナダは昨年117.5%まで上昇した債務比率を今年は109.9%へと7.6ポイント引き下げる。来年は103.9%に下げる。新たな危機に備えるために、経済の回復に合わせて、これまで肥大化した財政の役割を急いで縮小しながら生じる現象だ。

一方、韓国は昨年47.9%だった債務比率が今年は51.3%へと3.4ポイント上がり、来年は55.1%へと3.8ポイント上がる。韓国は今年に入って第1次補正予算として14兆9000億ウォン(1兆4280億円)を、第2次補正予算として35兆ウォンを編成した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기