본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国貿易投資振興公社、日本スマートファクトリー市場進出企業を支援

ⓒ 中央日報日本語版
韓国貿易投資振興公社(KOTRA)が6日、韓国産業知能化協会とともに韓国スマートファクトリー企業の日本市場進出とパートナーシップ構築のために「韓日スマートファクトリーパートナリング」行事を開催する。

今回の行事には日本製造現場でスマート工場と事務自動化ソリューション構築が可能なスマートファクトリー専門韓国企業12社が参加する。行事ではオンライン動画を通した製品説明会を進めた後、これに対して関心を示した日本企業と個別相談を行う予定だ。

AI(人工知能)をベースに生産設備の故障や異常がないかどうかを感知する予知保全ソリューション、全社的資源およびサプライチェーン管理システム、産業用ロボットなど製造業界デジタルトランスフォーメーション(DX)の核心である製造工程高度化関連の有望国内企業がソニー(Sony)や凸版(TOPPAN)など日本のグローバルメーカー60余社を対象に製品広報を行う。

現在、日本にはメーカーが66万3000社ある。2025年にはこれらメーカー全体設備のうち半分以上の使用期間が50年を超えるほど老朽化が深刻な状況だ。日本政府はこの問題を解決するために2017年「スマートファクトリーロードマップ」を発表し、2020年には事業再構築補助金をつくり本格的に製造業中小企業のDX支援に乗り出している。

これに対してKOTRAは韓国スマートファクトリー製品に関心が高い日本バイヤーの相談需要を持続的に発掘し、韓国企業のための支援を続けていく計画だ。KOTRA革新成長本部長のキム・サンムク氏は「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の影響で製造業界DX転換の核心であるスマートファクトリーの導入が活発になっている」とし「韓国は製造業の比重が高く、積極的なスマート製造投資で競争力に優れていて、KOTRAが韓国企業の日本などグローバル市場への進出支援を拡大していく」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기