본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領、9・11同時多発テロ20周年で「米とともにテロ清算に積極的に参加」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、9・11米同時多発テロ20周年を迎え、バイデン米大統領に向け「大韓民国は今後も米国の堅固な同盟として国際社会のテロ清算努力に積極的に参加するだろう」と明らかにした。

文大統領はこの日、SNSメッセージを通じ「テロはどのような理由でも正当化することはできない。どのような目的も無辜の市民の命より価値ある物ではない」としてこのように伝えた。

続けて、「われわれはいかなる暴力も平和と包容を超えることはできないということを知っている。このような悲劇は2度と発生してはならないだろう」と強調した。

その上で「20年が過ぎたが、あの日の衝撃と記憶は多くの人たちの胸の中に消えない深い傷として残っている。9・11テロ20周年を迎え、バイデン大統領と米国国民に深い慰労の言葉を伝える」と付け加えた。

2001年9月11日、イスラム原理主義の武装組織アルカイダが旅客機3機を乗っ取りニューヨークの世界貿易センタービルとワシントンDC近郊のペンタゴン(国防総省)などに衝突させ、これにより数千人が死亡した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기