본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国政府、「国産ワクチン、来年上半期開発」…第1号はSKバイオの合成抗原ワクチン(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
政府は第2相の中間結果が出て、または第3相の試験計画が承認された新型コロナワクチン製品の場合、免疫原性・安全性、成功の可能性を考慮して先に購入する案を推進する。また、より多くの製薬会社が速かに第3相に入ることができるように臨床承認期間を半分に減らし、国が指定した中央臨床試験審査委員会を通じて多機関による統合審査も推進する。ファイザーやモデルナのようなmRNAワクチンを開発するための核心技術研究を政府をあげて支援する。

政府は昨年から「2021年年内国産新型コロナワクチンを開発する」と明らかにしたが、先送りされた。これを受け、保健福祉部のイ・ガンホ・グローバルワクチンハブ化推進団長は「ワクチンの開発に関連しては不確実性が多い」と説明した。

すでに使用されているワクチンが多数出ている状況で、多数の人々を対象にする一般的な臨床試験は難しい。参加者を募集することが難しい。このため、政府は比較臨床(既存のワクチンに比べて性能が劣らないということを証明する臨床試験法)方式で国内製薬会社の第3相を支援する計画だ。SKバイオが開発する方式のワクチンの中ですでに許可を得たワクチンがないため、ファイザーやモデルナ、アストラゼネカなどと効果を比較するものとみられる。

政府はグローバルワクチンハブの基盤を迅速に構築するためには▼生産力の拡充▼次世代ワクチンの迅速な開発▼国産ワクチンの世界進出▼ワクチン産業のエコシステム作り--など4つの重点課題に政府をあげて力を集中することにした。生産基盤の拡充のためにはワクチンおよび原副資材の生産施設・設備構築のために1社当たり最大30億ウォンを支援する。また、世界水準のワクチンGMP(製造および品質管理基準)級公共製造施設を活用して自己設備のない企業のワクチン商用化を支援する。ワクチンの開発および生産に向けたコア技術を国家戦略技術に選定して税制優遇を強化する。mRNAなど次世代のワクチンプラットホーム生産基盤の構築および量産・品質管理支援を拡大する。原副資材技術の自給化も支援する。権長官は「サムスンバイオロジクスは今年8月末からモデルナのmRNAワクチンの完成品の試験生産を企画しており、円滑な生産が実現できるように政府が積極的に支援する」と話した。
韓国政府、「国産ワクチン、来年上半期開発」…第1号はSKバイオの合成抗原ワクチン(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기