본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国人7%は新型コロナワクチン拒否…ほとんどが副作用を懸念

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン接種の効果が比較的明確だという専門家の意見とは違い、依然として相当数は新型コロナワクチンの接種を拒否している。ただし、韓国は相対的にワクチン接種が遅れていることからワクチン接種を希望する人の比率が高いほうだ。

3日、米国世論調査会社のモーニング・コンサルトによると、先進国主要15カ国のうちワクチンを接種しないという国民の比率が最も高い国家はロシアだった。同社が先月20日から26日まで各国を対象にアンケート調査を実施した結果によると、ロシア人の28%は「ワクチンを打たない」と答えた。ロシア政府によると、人口の11%だけがワクチン接種を完了している。このためロシア政府は5月29日(現地時間)、サービス業従事者を対象に事実上ワクチン接種を強制する政策を発表した。

ロシアの次にワクチンを拒否する人口の比率が高いのは米国だ。ニューヨーク・タイムズ(NYT)は先月31日(現地時間)、米国でワクチン接種を拒否する最も大きな理由は副作用に対する懸念のためだと報じた。米国国勢調査局が7月5日に発表した世論調査で、ワクチンを打たなかったと回答した53%が副作用を心配していた。また、40%はワクチンが安全かどうか見守った後に接種するかどうかを決めると答えた。

ドイツ(13%)やフランス(12%)、イタリア(8%)、英国(8%)などの欧州ではワクチン接種拒否者の相当数が個人の自由権を強調する。ワクチン接種強制政策が、基本権である「選択の自由」と「身体の自由」を侵すという主張だ。実際、フランス政府が先月12日にワクチン接種義務化方針を明らかにするとフランス各地で反対デモが発生している。

フランスだけではない。ギリシャ首都アテネでは5000人余りが新型コロナワクチン選択権を主張して首相辞退を求めたほか、約3000人余りのイタリア医療スタッフも同じような理由で現地保健当局を相手取り訴訟を起こした。療養院従事者のワクチン接種を義務化した英国では9万3000人余りが反対運動に署名した。

韓国もワクチン接種を敬遠する人が少なくない。全体質問対象の7%が「ワクチンを接種しない」で答えたほか、11%は「まだワクチン接種をするかどうか決めていない」と答えた。このような回答者の比率(18%)は調査対象15カ国中6番目に多い。

ワクチン接種を拒否した人々を対象に理由を尋ねたところ「ワクチンの副作用に対する懸念」という回答(68%)が最も高かった。日本(55%)やオーストラリア(47%)などアジア・オセアニア国家のワクチン拒否者は概してワクチンを信じられないと考えている。

注目するべき部分は韓国の回答者の56%が「ワクチン接種の意向はあるが、まだワクチンを打つことができなかった」と回答した点だ。15カ月中で最も高い。これは「ワクチン接種を完了した」と答えた比率が26%に過ぎないためだ。この比率(26%)は15カ国のうち韓国が最下位だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기