본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

雨があまり降らない北京に狂ったような水爆弾…急流に流される市民

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
北京をはじめとする中国首都圏を「極端豪雨」が強打した。普段は乾燥気候で雨が少ししか降らない北京では異例の現象だ。

中国中央気象台は11日午前5時から12日午前6時まで北京・天津、河北中南部、山西南部、河南北部、山東西南部などに「暴雨」が、河北中南部と陝西東南部一帯には「大暴雨」と「特大暴雨」が降ったと発表した。これら地域には25時間で50~200ミリ、河北邯鄲などには220~342ミリ(1時間あたり102~125ミリ)の大雨が降った。中国で「暴雨」は24時間あたり50ミリ以上の降雨量を言い、100~250ミリは「大暴雨」、25ミリ以上は「特大暴雨」と区分している。特に今回の大雨は降雨範囲が広くて降水量が多く、強い対流性強風を伴っていて被害の危険可能性が高いため極端豪雨とも呼ばれる。

気象台は12日午前6時には「暴雨」4レベルのうち第2レベル「黄色」警報を発令した。この日午前8時から13日午前8時まで北京・天津、河北北部、内モンゴル東南部、遼寧西部一帯に暴雨が、河北東北部地域は局地的に250~280ミリの「特大暴雨」が降ると予報した。1時間あたり80ミリ以上の場所も予報されていて、中国気象当局は3級応急対応令を発令して洪水被害への備えに注力している。

暴雨警報が発令されると、北京の首都国際空港と大興国際空港は11日午後、合計494便に欠航が出たと現地メディア「中新経緯」が集計報道した。

中国ネットユーザーはSNSを通じて北京一帯の大雨の様子をリアルタイムで中継した。河北南部邯鄲の武安市で急流と化した道路に市民が流される様子や重装備に辛うじて身を寄せる市民の様子を収めた映像が微博(ウェイボー、中国版ツイッター)を通じて伝えられた。

北京市当局は11日午後からすべての野外スポーツ・文化公演・販売活動を禁止して、12日には中学校と小学校、幼稚園に休校令を下して登校を禁止した。高等学校の場合、郊外実習や野外団体活動を禁止した。また、会社と公共機関には自律出退勤制を勧告し、出勤する市民が大幅に減少した。

北京には今後40日間のうち半分を越える21日間に対して雨の予報を出した状態だ。ネット上では、予報を見た北京の人々が中国も世界的な気候異常の影響を受けているのではないかと懸念する声が出ている。

一方、中国西部の四川盆地の大雨被害も続いている。四川省洪水防止指揮部によると、先週金曜日以降に降った大雨で、巴中・南充市一帯では12万人が水害の被害を受け、4600人の罹災民が発生した。四川省は11日、3級洪水応急警報を発令した。巴中市の通江県は先週末に296ミリの「特大暴雨」が降った。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기