본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米、WHOのコロナ起源究明の失敗に「中国が十分な資料を提供しなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス

世界保健機関(WHO)が中国武漢での新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の起源究明に事実上失敗したと明らかにすると米国が中国に矛先を向けた。「調査の過程で中国政府が十分な資料を提供しなかった」とした。

ロイター通信によると、ジェン・サキ米報道官は9日(現地時間)、ブリーフィングでWHOの調査結果について「米国政府は今回の調査の計画と実行に関与しなかった」として「調査結果と根拠データを独立的に検討してほしい」と明らかにした。

ネッド・プライス国務省報道官もブリーフィングを通じて「その問題はまだ結論が出なかった」として「少なくとも今までは中国が必要な透明性を提供しなかったと明確に考える」と強調した。プライス報道官は米国はWHOのデータと情報に基づいて決定を下すと説明した。

これに先立って、サキ報道官はバイデン行政府も大流行が中国から始まったと考えていると明らかにした。彼は先月27日新型肺炎の中国起源説に対する真相究明を強調したことがある。

新型肺炎の起源調査チームを率いるWHOの食品安全・動物質病専門家であるピーター・ベンエンバレク博士はこの日、「新型肺炎が武漢で始まったのか、他の地域で始まったのか規定する明確な証拠を探すことができなかった」として「調査を通じて新しい情報を確保したが、新型肺炎に対する理解を大きく変えることができなかった」と話した。

また、武漢華南海鮮市場に対しては「感染の中心地ではなかった」として「武漢で初めて感染者が報告された2019年12月数週間前からすでに市場外でウイルスが広がっていた」と説明した。中国国家衛生健康委員会所属の梁万年博士も「初期の感染事例のうち一部は華南市場と全く関係がない」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기