본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

コロナ症状0.7日前にウイルス最多排出…無症状感染多い

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
中国・香港・世界保健機関(WHO)共同研究チームが新型コロナ感染者94人の唾液から排出されるウイルスの量を測定した結果、症状が表れる0.7日前が最も多いことが分かった。症状が表れた後はむしろウイルス排出量が減り始めた。症状が表れる直前の伝染力が最も大きいといことだ。症状が表れる2.3日前からウイルスが排出され始める。

こうした特性のため無症状感染者がウイルスを広めるケースが多い。アイルランド・ダブリン大学研究チームが新型コロナ関連研究論文17件を分析した結果、無症状感染者がほかの人を感染させる割合は全体の感染者の33-80%にのぼることが分かった。ほとんどの場合、症状が始まる3日前から症状が表れた後2日間に伝播する。感染の可能性が最も高い時期は症状が表れる0.67日前だった。

ソウル梨泰院(イテウォン)クラブ関連の感染者が増えるのもこうした特性のためだ。中央防疫対策本部によると、梨泰院のクラブに行った感染者のうち約36%が無症状だった。またクラブ関連の感染者119人(13日正午基準)のうち76人が訪問者で、残り43人は訪問者の家族および知人など接触者だった。クラブ訪問者は20代が73人、30代が23人、19歳以下が11人と、若年層が多かった。伝播力が高い無症状の状態で人と接触するため、多くの人が2次感染するということだ。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部長は13日の会見で「自分が感染すれば、自分と近い人たちに大きな被害を与え、時間が経過すれば2次、3次感染と拡大し、共同体全体に被害を及ぼすことになる」と説明し、注意を呼びかけた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기