본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

コロナ実験室流出説の中、中国コウモリ専門家が「海外逃走説」否定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中国湖北省武漢のウイルス研究専門家が最近、機密文書を持って海外逃走を図ったという噂が広まり、中国社会が騒々しい雰囲気だ。専門家と中国メディアが直ちに否認したが、波紋は収まっていない。

中国武漢ウイルス研究所のコウモリ研究専門家の石正麗氏が2日、微信(ウィーチャット)で友人にコメントした。「私と私の家族はみんな安全」とし「噂のような逃走は起こらない」と明らかにした。

石正麗氏が逃走説を自ら否定したのだ。最近、海外では石氏が「約1000ページ分量の秘密文書」を持って家族と一緒に欧州に逃走し、フランスの米国大使館に保護を要請したという噂が出ている。

石氏のコメントはこれを否定したのだ。石氏は友人に「私たちに過ちはない。私たちの胸には科学に対する強い信念がある」とし「必ず雲が消えて日が昇る時がくるだろう」とコメントした。環球時報など中国メディアもこの日、石氏のコメントをキャプチャーし、石氏が中国国内で健在だと明らかにした。

今年56歳の石氏は中国の代表的なコウモリ専門家で、2003年に中国で感染が広がったSARS(重症急性呼吸器症候群)の天然宿主がコウモリという事実を明らかにし、有名になった。

しかし今回の新型コロナウイルス事態が発生した後、新型コロナの武漢実験室流出説に苦しんできた。中国国内では医学博士の武小華氏とインターネットサイト会社社長の徐波氏が、石氏をウイルス流出の責任者として非難したりもした。

また、2月初めにはインドの学者が新型コロナの実験室流出説を提起したりもした。これに対し石氏は「新型コロナは大自然が人類の非文明的な生活習慣を罰した」とし「命をかけてそのようなこと(実験室からの流出)はない」と釈明した。

しかし批判は消えていない。石氏が属する武漢ウイルス研究所とともに新型コロナの震央の華南水産市場からわずか280メートルの距離にある武漢疾病統制センターもコロナ流出に関連して疑われている状況だ。

武漢疾病統制センターは2017年と19年の2度にわたり数百匹の実験用コウモリを捕獲して研究したが、ここから捨てられた汚染したゴミがウイルスの温床になったという疑惑が提起されている。

これに関連しポンペオ米国務長官は3日、新型コロナが武漢のウイルス研究所から出たという主張を繰り返し、「大変な証拠がある」という発言で注目を集めた。米国は武漢研究所に対する国際的な調査が行われるべきだと主張するが、中国は現在これを拒否している。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기