본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

AB型-O型の親からAB型の子供は可能…Cis-AB型



ソウルの某中学校2年に在学中のキム・ウンヨンさん(14)は、学校で血液型検査を受けた後、自分が養子縁組された子ではないかと1人で悩んでいた。

父親の血液型はAB型、母親の血液型はO型なのにウンヨンさんの血液型がAB型だからだ。生物の教科書にあるABO式血液型分類によるとAB型-O型間の子供はA型またはB型であり、AB型やO型はない。

その後、ウンヨンさんの家族が精密血液型検査を受けたところ、父親の血液型がA遺伝子とB遺伝子が付いている「Cis-AB型」という珍しい血液型であることが分かわかり、ウンヨンさんはようやく悩みから解放された。

牙山(アサン)病院診断検査医学科クォン・ソクウン教授が紹介した最近の相談事例だ。AB型の人には1つの染色体にA遺伝子、またもう1つの染色体にB遺伝子をもつのが一般的だ。しかしCis-AB型はAとB遺伝子が1つの染色体の上に存在、A、B遺伝子が分離せずそのまま遺伝される。

このためにCis-AB型の人が O型の配偶者との子供は血液型がAB型またはO型となる。

このような珍しい血液型の遺伝は家族間の葛藤を引き起こすこともある。クォン教授によると自分の血液型がCis-AB型だという事実を知らない男性の中にはO型の子供が生まれた後、実子確認遺伝子検査を受けたり、あるいは離婚を要求するケースがあるという。

Cis-AB型は韓国南西部と日本の九州地域の韓国系住民より主に発見される。正確な統計はないが、韓国だけでもCis-AB型の血液型をもつ人が数千人にのぼるものと学界では推定している。

国際輸血学会公式雑誌であるVox Sanguinisによると光州、全南(クァンジュ、チョンナム)地域献血者を対象に血液型を分析した結果、1万人あたり3.5人Cis-AB型が現れている。

全南大診断検査医学科チョ・ドク教授は「数千年前、突然変異でCis-AB型の遺伝子をもつ人が生まれ、その子孫にその血液型が遺伝されたもの」とし「主に発見される地域が過去、百済(ペクチェ)文化の影響圏である点を勘案した場合、Cis-AB型保有者は百済系の先祖だろう」と話している。

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기