본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

全国で「特性化高校」が人気

専門職業課程教育を実施する「特性化高校」に生徒が集まっている。

教育人的資源部によると、2003学年度の新入生選抜を終えた20の特性化高校(全体48校)のうち、最も人気が高かった京畿道河南(キョンギド・ハナム)の韓国アニメーション高校は、100人の募集枠に772人が志願し、7.72対1の競争率となった。

また京畿道光明(クァンミョン)の韓国調理科学高校が2.8対1の競争率を記録したのをはじめ、栄山浦(ヨンサンポ)女子商業高校(全羅南道)2.3対1、釜山(プサン)自動車高校2.2対1、韓国畜産高校(全羅北道)2.1対1、東莱(トンレ)園芸高校2.0対1、韓国デジタル高校(京畿)1.8対1、ソンリンインターネット高校1.6対1の競争率となった。

これに伴い、特性化高校に志願する学生のレベルも高まっている。韓国アニメーション高校の漫画創作科(17対1)とアニメーション科(8.56対1)の場合、200点満点基準でそれぞれ171点、169点が合格ラインとなった。

特性化高校の人気が高まった理由は、実務教育環境が整っているうえ、相対的に高い就職率を維持しており、専門大や大学との連係教育機会も拡大されたためとみられる。

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기