본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「髪が短いからフェミニスト」コンビニで暴行を引き止めた50代男性、結局職を失って生活苦に=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

資料写真 [中央フォト]

ショートカットのヘアスタイルをしたという理由で暴行されていたコンビニのアルバイトを助けたところ、大けがをした50代の男性が職を失い、生活苦に苦しんでいるという。

2日、女性新聞によると、慶尚南道晋州市(キョンサンナムド・チンジュシ)のコンビニ暴行事件の被害者である50代の男性Aさんは最近、昌原(チャンウォン)地裁晋州支院に、「被告人を厳罰に処してほしい」と訴えた。

Aさんは要請文で「この事件で病院や裁判所などに通いながら会社に迷惑をかけて退社した状態」とし、「生活苦を経験し、現在日雇いで仕事をしており、精神的苦痛で心理治療も受けている」と伝えた。


また「被告人側は心からの謝罪もなく、都合が悪いという言い訳で被害者に合意するお金がないとしながらも、法務法人の弁護士を選任した」として「これは被害者を欺瞞し、2度殺すような行動」と訴えた。

また「被害者たちは色々な後遺症で苦労しているが、被告人は謝罪もなく、心身微弱という言い訳で処罰を避けて抜け出すために工夫している」として「被告人に実刑を言い渡し、二度と同じ被害者が生じないようにしてほしい」と求めた。

これに先立って、事件は昨年11月4日夜12時10分ごろ、慶南晋州市下大洞(ハデドン)のあるコンビニで起きた。加害者である20代の男性B氏は「髪が短いからフェミニスト」として20代の女性アルバイトを殴り、足で蹴るなど無差別的な暴行を振るった。

これを目撃したAさんが暴行を引き止めたら、B氏は「なぜ男の肩を持たないのか」としてAさんに暴行を振るい、店にあった椅子を使って攻撃した。これによりAさんは肩や額・鼻などに骨折傷を負った。また、耳や首・目の部位が破れて縫合手術を受けた。

被害を受けたバイトの女性も暴行後遺症によって聴力が永久損失した。この女性は先月29日、自分のXのアカウントに「きょう、補聴器製作のため耳鼻咽喉科に通っている」とし、「加害者の暴行により、私の左耳は聴神経損傷と感覚神経性聴力損失の診断を受けた」と伝えた。

検察は先月5日、結審公判で、B氏の異常な犯行で被害者の苦痛がまだ続いているとし、懲役5年を求刑した。B氏側は最終供述で「心身微弱状態で犯罪を犯した」とし、「監獄で恨み、後悔、罪悪感で苦痛を受けている」として善処を訴えた。この事件に対する1審宣告は9日、昌原地方裁判所晋州支院で開かれる。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴