본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

恐怖のスクールバス…40人乗せて底が抜けたまま高速道路を走行=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

救急車

韓国では高速道路を走行中のスクールバスのタイヤがパンクし、この衝撃で車体の底まで抜けるという事故が起きた。このバスに乗っていた数十人の学生たちは恐怖に震えて停車を求めたが、運転手は高速道路を通過するために10分ほどそのまま走った。

2日MBC(文化放送)の報道によると、1日午前に大学生40人余りを乗せて京釜(キョンブ)高速道路、天安(チョナン)ナドゥルモク付近を走行していたスクールバスの左後輪がパンクした。轟音と共に破片が飛び散り、バスに乗っていた学生3人は腕や足などに裂傷や打撲を負った。

すぐに学生たちは車両の底に穴が空いているのを発見した。座席の下が紙のようにはためき、底が抜けた床の下には破損した車輪がぼろぼろの状態で回っていた。


恐怖を感じた学生たちは追加の事故を恐れてバス運転手に車を停車するように大声を張り上げた。だが、運転手は学校から救急車を呼ぶほうがよいと判断して車を止めなかった。バスは事故から約10分後に学校に到着して停車し、けがをした学生たちは近くの病院に運ばれた。

大学側はMBCの取材に対して「車両通行の多い出勤時間なので高速道路にバスを停車できる適切な場所がなく、低速で運転してまずは学校に来た」と説明した。また「被害学生の回復を助け、スクールバス会社を対象に安全点検が十分に行われていたかどうか確認する」と明らかにした。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴