본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>孫興慜は胸ぐら、李康仁は拳…きょう韓国代表監督の更迭めぐる決定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

クリンスマン監督

7日のアジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ準決勝で格下のヨルダンに0-2で完敗したサッカー韓国代表。衝撃的な敗戦の裏にはユルゲン・クリンスマン監督(60、ドイツ)の「無色無臭」戦術のほかに、選手間の深刻な不和があったことが明らかになった。準決勝戦の前日、主将の孫興慜(ソン・フンミン、32、トッテナム)と中心選手の李康仁(イ・ガンイン、23、パリ サンジェルマン)が物理的に衝突した事実が確認された。

英大衆紙サンは14日(日本時間)、「孫興慜がアジアカップ準決勝の前日の夕食の席でチームメートと衝突した際、指が脱臼(dislocated)するけがを負った」と報じた。大韓サッカー協会も孫興慜が後輩と争う過程で右手の中指と人差し指をけがした事実を認めた。サッカー協会の関係者は「孫興慜が李康仁と口論をする中、感情が高ぶって胸ぐらをつかんだ。チームメートが引き止める過程で手を振り払ってけがをした」と説明した。

李康仁をはじめ、薛永佑(ソル・ヨンウ、26、蔚山)、鄭優営(チョン・ウヨン、25、シュツットガルト)ら代表チーム内の若手選手が夕食を早く終えた後に食堂の横の空間で卓球を楽しんだのが事件の発端だった。その後、ベテラン選手らが食事中で卓球をする音が騒がしく聞こえると、主将の孫興慜がやめるよう伝えたが、若手選手らがこれを聞かず、口論になった。怒った孫興慜が李康仁に近づいて胸ぐらをつかむと、李康仁が拳を振って対抗した。食事の席はあっという間に騒がしくなり、選手らが2人を引き離す過程で孫興慜がけがをした。


現場で状況を見たクリンスマン監督が騒ぎが終わった後に仲裁し、選手らは和解したが、感情的な溝は残った。その後、一部のベテラン選手らは監督を訪ねて「先輩に突っかかる李康仁をヨルダン戦のメンバーから外してほしい」と要請したという。しかし今大会で3得点した李康仁は孫興慜と共に先発メンバーに入り、韓国は最悪の成績でヨルダンに惨敗した。

孫興慜はヨルダン戦に右手の中指と人差し指にテーピングをしてプレーした。試合後、「自分が今後、代表チームを継続できるかどうか考えてみなければいけないようだ。監督は私をもう考えないかもしれず、未来のことはよく分からない」と語った。李康仁を先発で起用したクリンスマン監督の決定に対する感情を表した発言と解釈される。

孫興慜と李康仁の「衝突事態」が浮き彫りになり、指導力不足で更迭の危機に直面したクリンスマン監督の選手団管理能力も世論の俎上に載せられた。クリンスマン監督はこれまで「戦術的能力がやや不足しながらも選手との意思疎通に優れたマネージャー型指導者」という評価を受けてきた。しかし今回のハプニングでチーム管理力も落第点という事実が確認された。

サッカー協会は15日、戦力強化委員会を開く。10日に米国に出国したクリンスマン監督は画像で参加する。鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長らサッカー協会執行部はこの日の会議の結果を参考にして、クリンスマン監督を更迭するかどうかを含め、代表チームの今後運営について決める予定だ。

一方、李康仁は波紋が広がると、14日、自身のSNSに謝罪文を載せた。李康仁は「自分が先輩たちの言葉に従うべきだったが、良くない姿を見せることになり申し訳なかった」とし「サッカーファンの自分に対する関心と期待をよく知っている。これからは先輩たちを助けて良い選手、人間になれるよう努力していく。自分に失望した多くの方々にお詫びする」と伝えた。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴