본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<アジアカップ>海外メディア、韓国の完敗に「ひどい試合、クリンスマン監督の戦術疑う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国サッカー代表のユルゲン・クリンスマン監督

アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ準決勝でヨルダン代表に完敗した韓国代表に対し、海外メディアが「ひどい試合だった」と評価した。韓国代表は7日(日本時間)、カタールのアフメド・ビン・アリ・スタジアムで行われたアジアカップ準決勝でヨルダン代表に0-2で敗れた。

今回のアジアカップで韓国は「64年ぶりの優勝」を目標にしていたが、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング87位のヨルダンを相手に有効シュートが1本もなかった。韓国のFIFAランキングはAFC加盟国のうち3番目に高い23位だ。

韓国はグループリーグ第2戦でもヨルダンを相手にかろうじて2-2で引き分けた。これで韓国は2004年7月にヨルダンと初めて対戦して以降、初の敗戦となり、歴代対戦成績は3勝1敗3分けとなった。


この日の韓国の敗戦は海外メディアにも衝撃的な結果だった。

スポーツサイトのジ・アスレティックは「クリンスマン監督の『ゾンビサッカー』がアジアカップでヨルダンに屈辱的な敗戦を喫した」と報じた。そして「韓国は今大会中、終始、説得力がなかった。優れたスタープレーヤーが作り出す天才的な状況に依存したが、一貫した戦術計画が不足していたようだ」とし「結局、FIFAランキング87位のヨルダンを相手に拙戦をした」と指摘した。

続いて「クリンスマン監督の経歴は2006年ワールドカップ(W杯)で40歳のフレッシュな顔でドイツを準決勝に導いて以降、急落してきた。2016年にはW杯予選でつまずいて米国代表を離れ、その後へルタ・ベルリン(ドイツ)で10週間ほど指揮した」とし、指揮官として振るわなかったクリンスマン監督の履歴を紹介した。

AP通信も「クリンスマン監督はもちろん韓国代表は準決勝に勝ち上がるまでも競技力に批判を受けてきた」とし「クリンスマン監督の戦術には疑問が残り、孫興慜(ソン・フンミン)をはじめ才能が優れた選手で構成された韓国代表はより多くのことを達成すべきだという印象を与えた」と伝えた。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴