본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<アジアカップ>「韓国に警告5枚」中国審判にクリンスマン監督「無分別にカード出したようだ」

ⓒ 中央日報日本語版

サッカー韓国代表のユルゲン・クリンスマン監督

サッカー韓国代表がアジアカップ初戦で勝利した中、ユルゲン・クリンスマン監督がイエローカードを乱発した中国の審判を批判した。

クリンスマン監督が率いる韓国代表は15日、カタール・ドーハのジャシム・ビン・ハマド・スタジアムで行われたバーレーンとのアジアサッカー連盟(AFC)アジアカップE組グループリーグ第1戦で3-1で勝利した。

韓国は前半に黄仁範(ファン・インボム、ズベズダ)のゴールで先制したが、後半序盤に同点ゴールを許した。その後、李康仁(イ・ガンイン、パリ・サンジェルマン)が2得点し、チームの勝利に貢献した。


今回の対戦で韓国代表は5枚もイエローカードを受けた。試合後、クリンスマン監督は「早い時間帯に中国の審判があまりにも多くのカードを出した」とし「このため試合運びが難しくなった」と話した。

クリンスマン監督は「後半も同じように(審判が)イエローカードを取り出すのではないかと心配し、すでに警告を受けていた金玟哉(キム・ミンジェ)、李記帝(イ・ギジェ)らを交代させるしかなかった」とし「あまりにも無分別にカードを出したようだ」と不満を表した。

この試合の主審と2人の副審はすべて中国人だった。主審のマニンは朴鎔宇(パク・ヨンウ、前半10分)、金玟哉(前半13分)、李記帝(前半28分)、趙圭誠(チョ・ギュソン、後半16分)、孫興慜(ソン・フンミン、後半90分)にイエローカードを出した。

初戦で警告を受けた選手は今後の試合で警告を受ければ警告累積で試合に出場できない。イエローカードはトーナメントで8強入りすれば消える。中国主審の疑問の判定で韓国代表は大きな負担を抱えることになった。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴