본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

アイルランド首相「行方不明の子どもが帰ってきた」…イスラエル「恥ずかしいと思え」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

イスラエルの国旗

イスラエルは、アイルランドのバラッカー首相がパレスチナの武装組織ハマスに拉致されてこのほど解放された9歳少女に対して「行方不明」という表現を用いたことを巡り、「恥ずかしいと思え」といって反発した。

26日(現地時間)、タイムズ・オブ・イスラエルなど外信によると、イスラエルとハマスの一時休戦2日目の25日、ハマスに抑留されていたアイルランド系イスラエル少女エミリー・ハンドさん(9)が解放された。

ハンドさんはこの日解放された人質17人のうちの1人で、先月7日ガザ地区に近いキブツ・ベエリにある友人宅に滞在していたところハマスに拉致された。


バラッカー首相はハンドさん解放の報告を受けて「行方不明になっていた罪のない子どもが発見されて戻ってきた」とし「今日はエミリー・ハンドとその家族にとって大きな喜びと安堵の日」と述べた。また「我々は安堵のため息をついている」とし「我々の祈りが報われた」と喜んだ。

これに対してイスラエル政府は強く反発した。コーヘン外相はバラッカー首相に対してソーシャルメディア(SNS)に「道徳的羅針盤を失ったようだ。現実直視が必要」とし「エミリー・ハンドは行方不明になったのではなく、彼女の継母を殺害したイスラム国家(ISIS)よりも恐ろしいテロ組織に拉致された」とした。

コーヘン外相は「エミリー・ハンドや他のイスラエルの子どもたち30人以上がハマスに人質として捕まったのに、バラッカー首相はテロを正当化しようとしている」としながら「恥ずかしいと思え」と叱責した。コーヘン外相は自国に駐在するアイルランド大使を呼んでバラッカー首相の発言に対して正式抗議をした。

イスラエル政府のエイロン・レヴィ報道官は「バラッカー首相の表現は森を散歩していて行方不明になった後に発見された少女には適切な表現かもしれないが、隣国を残忍に虐殺した暗殺集団に拉致された少女に対しては不適切」と批判した。

問題が大きくなるとバラッカー首相はこれまでハマスと人質問題に対して繰り返し批判して条件のない解放を要求してきたとし、該当の発言は「子どもが家に戻ってきた時の驚くほどの喜び」に言及したものと説明した。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴