본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

徐坰徳教授「中国観客、レーザー照射、韓国国歌にブーイング…FIFAに告発」

ⓒ 中央日報日本語版

中国の観客に人差し指を口にあてて「静かに」というパフォーマンスを見せた孫興慜 [写真 大韓サッカー協会提供]

徐坰徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が21日、2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で見られた中国観客の非紳士的な行為について国際サッカー連盟(FIFA)に告発したと24日、明らかにした。徐教授はSNSで「このようなことは決して繰り返されてはならない」とし、このように伝えた。

徐教授は「試合開始前に愛国歌(韓国の国歌)が流れると、一部の中国の観客はブーイングをした」とし「国際競技の基本的な礼儀を破った」と批判した。

また「特に孫興慜(ソン・フンミン)と李康仁(イ・ガンイン)をはじめとする韓国選手に向けてレーザーポインターを何度も向けた」とし「試合を妨害するあり得ない行為」と指摘した。さらに「太極旗(韓国の国旗)を持った韓国の応援団に暴言を浴びせるなど、非紳士的な行動を終始繰り返した」と伝えた。


徐教授は告発メールで「相手の国歌に対するブーイング、相手国の主力選手へのレーザーテロ、相手国の応援団に対する暴言などは、FIFAの精神に反する明白な問題」とし「中国サッカー協会に強く抗議し、再発しないよう措置を取ってほしい」と主張した。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴