본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

済州の浜辺に数千個の石を放置…韓国ドラマ『無人島のディーバ』に批判

ⓒ 中央日報日本語版

tvNドラマ『無人島のディーバ』

女優パク・ウンビン主演のtvNドラマ『無人島のディーバ』の制作スタッフが、撮影後に大量の石を放置して去ったことをついて謝罪した。

制作スタッフは14日、市民に迷惑をかけたことをお詫びするとし、「住民と関係機関に撮影を事前に説明して撮影したが、進行および収拾の過程で不十分な点があった。できる限り早期に原状復旧をする」と明らかにした。

これに先立ちインターネットメディア「済州(チェジュ)の声」は13日、『無人島のディーバ』が許可もなくファンウチの浜辺で撮影した後、大量の石を放置して去ったと報じた。


先月28日に放送されたこのドラマの最初の放送では、主人公が無人島に15年間にわたり一人で暮らし、石で「SOS」信号を送る場面が登場する。「済州の声」は、制作スタッフがこのために数千個の石を並べたが片づけなかったとして証拠写真も添付した。

『無人島のディーバ』は15年ぶりに無人島で救助された歌手志望者ソ・モクハ(パク・ウンビン)のディーバ挑戦を描いた作品。第1話の視聴率は3.2%だったが、最近放送された第6話は7.9%だった。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴