본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ハマスの弾丸100発浴びながらも生存…「テスラのおかげ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

銃を持って電動パラグライダーでイスラエルに浸透するハマス隊員 [ツイッター MarioNawfal]

パレスチナの武装勢力ハマスがイスラエルを奇襲攻撃した9日(現地時間)、テスラ・モデル3に乗っていたイスラエル人男性がハマスの無差別銃撃の中でも助かったことが伝えられた。

15日のインド現地メディア「エコノミックタイムズ」など海外メディアによると、テスラ・モデル3パフォーマンスを所有するイスラエルのメファルシム出身の男性はハマスの隊員から弾丸100発以上を自身の車に浴びながらも、無事に車を運転して病院に到着した。

ハマスは9日未明、男性が暮らす地域を攻撃した。この時、地域の救助隊員だったこの男性は緊急に呼び出された。この男性は自身のテスラを運転して集結地へ向かう間、ディーゼルトラックに乗ったハマスの隊員らと出くわした。15人の武装ハマス隊員は男性の車の前後から小銃と機関銃で無差別銃撃を加えた。この時、タイヤも銃弾に当たったが、テスラの車は問題なく全力疾走し、男性の命を救った。


男性はエコノミックタイムズのインタビューで「彼らは私の車のタイヤを撃って追撃したが、それでもテスラの加速力は驚くほどだった。時速110マイル(時速180キロ)ほどで走った」とし「(テスラの)デュアルモーターAWDシステムのおかげでかろうじて道路を走行し、病院に到着することができた」と明らかにした。

銃撃のためにタイヤがつぶれ始めたが、デュアルモーターシステムのおかげでホイールのバランスが保たれたと、男性は説明した。男性は「彼らは電気自動車であることを知らなかったようだ」とし「前方のエンジン、後方の燃料タンクに火がつくことを狙って銃撃を加えた」と説明した。

イスラエル自由党の代表で元イスラエル財務省諮問委員会委員のギラード・アルファ氏が男性の家族から受けてX(旧ツイッター)で共有した車の写真によると、車体のあちこちに100個以上の弾丸の跡があり、運転席と周辺には血がついているのが分かる。フロントガラスにいくつか銃弾の跡が残っているだけで、それ以外に割れたところはなかった。

破損した車の姿ほど男性のけがも深刻だった。弾丸が脚と手にあたり、頭蓋骨には弾丸が埋まっていて血まみれだった。ただ、命に別状はなかった。

男性は手術を受けて回復中だ。男性は「テスラのおかげで命が救われた」とし「加速ペダルを踏めば(今の車でも)まだ走るが、車両の破損が深刻なので次のテスラの購入を考えなければいけないようだ」と話した。

アルファ氏「テスラがイスラエル人の命を救った」とXでコメントした。テスラのイーロン・マスクCEOはこれに「うれしいニュースだ」という反応を見せた。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴