본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

いったいだれが…失踪した認知症の高齢女性、6時間ぶりに青あざだらけで見つかる=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中央フォト

認知症を患う80代の女性が行方不明になってから6時間ぶりに青あざだらけになった状態で見つかった。女性の家族は何者かに暴行されたものとして警察に捜査を依頼した状態だ。

京畿道(キョンギド)の楊州(ヤンジュ)警察署は19日、議政府(ウィジョンブ)で行方がわからなくなった後、楊州で見つかった80代の高齢女性に対する暴行が疑われる事件を捜査していると明らかにした。警察関係者は「防犯カメラを追跡して女性の動きを把握して暴行の可能性などを調査している」と話した。

女性の家族と知人らは最近オンラインコミュニティに「認知症女性暴行目撃者を探しています」という投稿とともに写真を数枚上げた。写真には額と鼻の下に血痕があり目の周りはあざできひどくはれ上がった女性の姿が写っている。


この投稿によると、女性は14日午後1時50分ごろに息子とともに議政府駅近くの眼科を訪れた。女性は息子が診療室に入っている間に1人で病院から抜け出した。

家族はすぐに失踪届けを出し、6時間ほど過ぎた当日午後7時40分ごろ「女性が病院に運ばれた」という警察の連絡を受けた。女性が見つかったのはは議政府駅から約6キロメートル離れた楊州市維楊洞(ユヤンドン)の道端だったという。

女性の家族は投稿で、「女性は現在、眼窩と股関節の骨折で手術を受け治療中。警察と救急隊員は転倒して顔を負傷したようだというが、手と顔面の傷を見ればどう考えても暴行によったものと考えられる」とした。

続けて「救急に最初の通報が入った時間は14日午後6時39分、救急車が現場に到着した時間は10分後ぐらいだった。この時、楊州市の維楊三差路付近を通りながらふらついていたり叩かれたりしている高齢女性を見られた方がいたら情報提供をお願いする」と付け加えた。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴