본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「隣人たち、飢え死にしている…最近は山に死にに行く」北朝鮮住民の証言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北朝鮮の国旗 平壌写真共同取材団

BBCは、北朝鮮住民がインタビューで、食糧不足で隣人が飢え死にしたと証言したと報じた。

14日(現地時間)、BBCは北朝鮮専門メディア「デイリーNK」の支援で平壌(ピョンヤン)と中国国境近くの村などに居住する一般住民3人にインタビューしたと明らかにした。

彼らは、「中朝国境閉鎖後、飢え死にしたり法違反で処刑されたりするのではないかと心配だ」と話した。


専門家たちは北朝鮮が1990年代の「苦難の行軍」以来最悪の状況であることを示唆していると話したとBBCは伝えた。

BBCによると、平壌に住むジヨンさん(以下、全員仮名)という名前のある女性は、「隣の3人家族が家で飢え死にしていることを知っている」と話した。また、「人々が生きることができず、家で命を絶つか死ぬために山に入るという話を聞いた」と話した。

中国国境付近に住む建設労働者のチャンホさんは食材の供給が少なすぎて村で5人が飢え死にしたとし、「最初は新型コロナで死ぬかと怖かったが、その後は餓死するのではないかと心配になり始めた」と話した。

中国密輸品を販売する商人のミョンスクさんは、「かつて市場で売れていた製品の4分の3が中国から来たが、今は空いており、輸入がほとんどなくなった」と話した。また、家族が食べるものがこんなに少なかったことはないとし、子供たちに食べさせるために孤軍奮闘しており、一度は自分が2日間食べられなくて寝ている間に死にそうだったと伝えた。

北朝鮮の経済学者ピーター・ウォード氏は「普通の中産層の隣人が飢え死にしているのは非常に懸念される」とし「まだ全面的な社会崩壊や大規模の餓死ではないが、良くないと考えられる」と話した。

北朝鮮の人権侵害を記録するNKDBのソン・ハンナ氏も「この10~15年間、餓死の事例はほとんど聞いたことがない。北朝鮮史上最も困難な時期が思い浮かぶ」と述べた。

韓国政府の発表によると、コロナ禍の前には1日に1000人以上が鴨緑江を渡って中国に脱出した。しかしミョンスクさんは「今は川に近づくだけでも苛酷な処罰を受けるので誰も渡らない」と話した。

チャンホさんも「毎日のように暮らすことがもっと厳しくなっている。一歩間違えば処刑される」とし「私たちはここに閉じ込められて死ぬことを待っている」と話した。

BBCは、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長も食糧危機について公に言及するなど状況の深刻性を示唆したことがあるが、それでも金正恩氏は核兵器の開発を優先視していると指摘した。

北朝鮮は昨年、弾道ミサイル63発の発射実験を行ったが、この費用は5億ドル(約700億円)を超えるものと推計されたと明らかにした。これは北朝鮮の年間穀物不足量を補ってからも残るような規模だとBBCは説明した。



関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴