본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

住宅で犬数百匹が白骨状態で見つかる=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

楊坪警察署

京畿道楊平郡(キョンギド・ヤンピョングン)の住宅で犬数百匹が死体で発見されたという通報が寄せられ警察が捜査に入った。

楊平(ヤンピョン)警察署は家主の60代の男性を動物保護法違反容疑で立件し不拘束状態で捜査中だ。

警察などによると、男性は「捨て犬を連れてきたがえさがなく飢え死にした」と陳述した。


男性宅の庭とバケツの中には300~400匹程度が白骨状態などで見つかったという。

男性を告発した動物保護団体はSNSに「繁殖場などで繁殖能力を喪失した小さな老犬を主に連れてきて飢え死にさせた。死体は腐敗して床にこびりついており、死体が床と同化したところに新しい犬を入れていた」と主張した。

警察関係者は「死体がとても多くまだ正確な規模を把握できていない。詳しい経緯を捜査中」と伝えた。





関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기
    top 메뉴