본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮で新型コロナ再流行か…きょうから5日間「平壌封鎖令」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)で呼吸器疾患患者が急増し、北朝鮮当局が5日間の平壌封鎖令を出した。

北朝鮮専門メディアのNKニュースは25日、内部消息筋の話として北朝鮮がこの日から5日間平壌を封鎖すると報道した。北朝鮮のこうした措置は最近首都を中心に広がっているかぜによるものと把握されるが、正確に新型コロナウイルスのためなのかは言及されていない。

消息筋によると、平壌の住民らは25日から29日まで家にとどまらなければならない。また、1日に何回も体温を計って報告しなければならないという。住民らは突然の統制に食料と薬品などを買い占めていることが明らかになった。平壌以外の都市にも封鎖措置が出されたかは明らかになっていない。

これに先立ち北朝鮮は昨年5月に新型コロナウイルスが初めて広がり始めた時も2週間以上にわたり全国に封鎖令を出している。続けて3カ月後の8月には新型コロナウイルスを北朝鮮領土で完全に撲滅したと発表した。だが当時複数の専門家は「非常に信じ難い成果」と評価した。

NKニュースはこうした封鎖令が来月に開かれる軍事パレードなど北朝鮮の大々的な行事と関連した可能性も提起した。最近ある民間業者は衛星写真などを通じて平壌の金日成(キム・イルソン)広場と美林(ミリム)飛行場などで軍事パレードを準備する状況をとらえている。昨年4月の朝鮮人民革命軍創建90周年慶祝軍事パレード前後に新型コロナウイルスが北朝鮮に広がっているだけに、大規模群衆行事を控えて防疫措置を強化したものかもしれないとの分析が出ている。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기