본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>孫興ミンは全盛期が過ぎた? 一時的な不振にすぎない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

孫興ミン[写真 トッテナム インスタグラム]

孫興ミン(ソン・フンミン、31)は1月1日のアストン・ヴィラ戦の途中、フェイスガードを投げ捨てた。けががもうすぐ完治するという意味を込めたドラマチックなジェスチャーだった。

孫興ミンは昨年の得点王として2022-23シーズンに入った。疑う余地なく欧州サッカー最高のFW選手の一人であり、一言で「アンタッチャブル」という存在だった。昨年夏、韓国でサッカー代表のAマッチとトッテナムの親善試合が相次いで行われた。すべて順調だった。孫興ミンはチリ代表、パラグアイ代表とのAマッチでゴールを決めた。チームKリーグ(Kリーグオールスター)との親善試合ではトッテナム所属で出場し、2得点した。

しかしその後、状況は変わった。孫興ミンは昨年9月のレスターシティ戦で3得点、今月5日のクリスタル・パレス戦で1得点したが、この4得点が今季のリーグ得点のすべてだ。不運もあった。孫興ミンは昨年11月初め、マルセイユ(フランス)との欧州チャンピオンズリーグの試合で眼窩底骨折というけがを負った。その余波がカタールワールドカップ(W杯)まで続いた。今月初めまで黒のフェイスガードを着用しながらプレーした。

最近の孫興ミンのペースは、勢いがあった昨季と比較するとかなり遅い。韓国の「ゴールデンボーイ」にどんな問題が生じたのか。プレミアリーグの解説者は今季序盤のいくつかの状況が孫興ミンに不安要素として作用している可能性があると主張した。プレミアリーグ選手のうちAマッチ出場のために最も遠い距離を移動する孫興ミンが、昨年夏にハードな日程を消化し、疲労が蓄積している点を懸念した。また、カタールW杯本大会を控えて慎重にプレーした可能性もあるという見方も示した。

しかしこれは孫興ミンをよく知らない人たちの声だ。孫興ミンの最も信頼できるところは所属チーム・代表チームに関係なく常に最善を尽くす点だ。これを勘案すると、プレミアリーグの解説者の言葉は説得力を欠く。ところが孫興ミンが昨年11月に負傷してから問題が生じた。最高のコンディションでW杯に出場することができなかった。フェイスガードを着用してプレーするため自信が欠如し、競技力にも影響を及ぼした。孫興ミンの不振は、昨年忙しい日程を消化したことで負傷や体力低下などの問題点が複合的に表れた結果と説明するのが正しいようだ。

トッテナムの戦術が相手チームに研究されている点も看過できない。孫興ミンは瞬間的な突破が優れている。ハリー・ケインやデヤン・クルゼフスキ(23)のスルーパスから相手DFの後方に抜け出してGKと1対1になるプレーが得意だ。ところが今季はトッテナムを相手に各チームはラインを下げて守備的な試合運びをする。トッテナムの攻撃を無力化し、孫興ミンを封じるための戦略だ。

トッテナムの守備力も問題だ。トッテナムは昨年10月のマンチェスター・ユナイテッド戦から1日のアストン・ヴィラ戦まで10試合連続で先に失点した。先に得点した相手チームは攻撃的に出てこない。

英メディアのフットボール・ファンキャストが16日に実施したアンケート調査で「孫興ミンは先発ラインナップから抜けるべきか」という質問に、回答者の80%が「抜けるべき」と答えた。しかし孫興ミンは依然としてトッテナムの先発ラインナップに含まれる可能性が高い。

もちろん安心するのは早い。負傷中だった同僚のFWリシャルリソン(26)とクルゼフスキが16日、共に復帰した。新しい方法を探せなければ孫興ミンはベンチで過ごす時間が増える可能性がある。

しかし孫興ミンはまだ31歳だ。長期的な観点で下降の兆しを見せているというより、一時的な不振である可能性が高い。例年のように後半に調子を上げてくる可能性もある。もちろん残りシーズンまで苦戦が続くこともあり得るが、だからといって孫興ミンの競技力が急速に落ちるとは考えにくい。長期的に老衰化を心配するほどの危険信号が感知されているのではないということだ。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기