본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<野球>「大谷、WBC韓日戦で先発登板有力」…日本メディアが予想

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国戦に登板する可能性が大きいという報道が出てきた。

スポーツニッポンは18日、栗山英樹監督が3月16日の準々決勝から逆算した投手起用を構想しており、大谷は1次ラウンド最大のヤマ場の韓国戦から中5日で準々決勝というシナリオが考えられると報じた。

韓国は日本、オーストラリア、中国、チェコとともにB組に入り、3月9日から13日まで東京で1次ラウンドを行う。日本戦は10日午後7時から予定されている。韓国と日本がWBCで対戦するのは2009年大会の決勝戦から14年ぶりだ。

大谷はすでに韓日戦で2度先発登板した経験がある。日本のプロ野球日本ハム所属だった2015年のプレミア12で、韓国との開幕戦で6回2安打無失点10奪三振で好投した。同大会準決勝でも7回1安打無失点11奪三振で韓国打線を圧倒した。

その後大リーグに進出した大谷は投手と打者としていずれも成功を収めてシンドロームを起こし、2021年にはアメリカンリーグ最優秀選手に選ばれるなど世界最高の野球スターとなった。昨シーズン終了後には早くからWBC出場を宣言し、「侍ジャパン」への合流を準備してきた。

日本代表チームは大谷のほかにもダルビッシュ有(パドレス)、山本由伸(オリックス)、佐々木朗希(ロッテ)を含む過去最強の先発投手陣を設けた。大谷以外の先発投手が出てきても韓国の打者が攻略するのとは容易でない。栗山監督は「WBCの投球数規定と今後の日程、相手チームの戦力などを考慮して試合ごとに先発投手を最終決定するだろう」と話した。

WBCのラウンド別限界投球数は1ラウンド最大65球、準々決勝最大80球、準決勝以降最大95球に決められている。1投手が30球以上投げれば1日、50球以上投げれば4日は必ず休まなければならない。2日連続登板した投手もやはり1日の休息が義務だ。韓国戦先発投手が65球まで投げて降板すれば、4日休んで準々決勝に登板できる。

日本の最初の試合は中国戦だが、客観的な戦力差がとても大きい相手で事実上ウォーミングアップに近い。日本は「宿敵」の韓国との第2戦に総力を挙げる方向で先発ローテーションを運営する公算が大きい。これに対し韓国は1次ラウンド最初の相手であるオーストラリアを破ることで第2戦となる日本戦勝利のプレッシャーを減らすことができる。

最高の戦力で武装した日本代表チームの唯一の悩みは海外派選手の合流が遅れることだ。日刊スポーツは、ダルビッシュ、大谷と、野手の鈴木誠也(カブス)、ヌートバー(カージナルス)、吉田正尚(レッドソックス)ら大リーガーはWBC開幕直前となる3月6日にでも代表チームに合流できると伝えた。

日本代表チームは来月17~27日に宮崎県に集まって練習した後、ソフトバンク、中日、阪神、オリックスと順に壮行試合を行う。韓国代表チームは来月15日に米アリゾナ州ツーソンで代表チームの合宿訓練を始める。その後3月4日に大阪に移動してオリックス、阪神との練習試合で実戦点検を終えた後東京入りする。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기