본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「妊娠中絶、強要していない」元恋人に1億ウォンの訴訟…歌手John-Hoonさん敗訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

歌手兼俳優のJohn-Hoon

韓国男性デュオUNの元メンバーで歌手兼俳優のJohn-Hoonさんが元恋人を相手取って名誉毀損に対する賠償金訴訟を起こしたが敗訴した。

18日、韓国法曹界によると、ソウル中央地裁民事90単独キム・ヒョンソク部長判事は、最近John-Hoonさんが元恋人Aさんに対して1億ウォン(約1056万円)の損害賠償金を請求した訴訟に対して原告敗訴の判決を下した。

2人の法廷争いは2019年に始まった。AさんはJohn-Hoonさんと交際中に妊娠したが、John-Hoonさんが妊娠中絶を要求したのに続き「家を買ってあげる」と言っておきながら賃貸人(貸主)に契約金100万ウォンだけを渡した後に連絡が途絶えたとしてJohn-Hoonさんに対して約定金請求訴訟を起こした。

当時John-Hoonさん側は「John-Hoonさんは女性の妊娠を知人を通じて聞き、妊娠中の子どもが本人の子どもだと確認されれば養育に対するすべての部分を全面的に責任を負うという考えを数回伝達した」とし「今回のことに関連して虚偽事実があると判断されればすべての法的対応を取る」という立場を出した。

その後、John-Hoonさんは2020年9月「Aさんが妊娠した事実で何回も脅迫し、私がAさんに連絡しない、妊娠中絶を強要したなどという虚偽事実を流布したり、マスコミに情報提供したりして名誉を傷つけた」として訴訟を提起した。

これについて裁判部は「原告(John-Hoonさん)が提出した証拠だけでは被告(Aさん)が妊娠した事実を理由に脅迫したり、虚偽事実を流布してマスコミに情報提供したりしたと認めるには不十分」と判断した。

裁判部はまた「被告がSNSに胎児や妊娠検査結果の写真を投稿して原告をタグしたが、関連の判決で被告が出産した子どもが原告の嫡出子だと判断した点に照らしてみるとこのような行為が不法行為を構成するとは見るのが難しい」と指摘した。

John-Hoonさんは控訴せず、判決がそのまま確定した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기