본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、「フェアネス指数」で21位にとどまり…「世界最強国」ランキングでは日本を抜いて6位

ⓒ 中央日報日本語版

ソウル崇礼門(スンネムン)

日本経済新聞の「フェアネス指数」で韓国は100点満点で68点で21位にとどまった。フェアネス指数は、世界84カ国を政治と法の安定、経済の自由度、人権や環境への配慮など10項目で評価し、今年初めて発表した。

韓国は政治と経済の自由度、法の安定性で悪くない点数を得たが、人権や環境への配慮が中下位にとどまった。

1位はアイルランドだった。スウェーデン、ノルウェー、ニュージーランド、オランダ、スイス、オーストラリアなど北欧やオセアニア諸国が10位入りを果たした。日本は77点で11位、米国は74点で17位だった。中国(34点)とロシア(33点)は最下位圏だった。

日経は「フェアネス指数が低い中国と貿易の割合が大きい韓国と日本は米国とドイツより危険性がさらに大きいという意味」として「中国に過度に依存しない方向にサプライチェーンを再構築しなければならない」と診断した。

一方、軍事力や経済力、外交力などを合算して評価する「世界最強の国」ランキングで、昨年韓国が6位となった。7位にはフランス、8位日本、9位アラブ首長国連邦(UAE)、10位イスラエルなどが後に続いた。

米USニューズ&ワールド・レポート(USNWR)は先月31日(現地時間)、このような内容の「2022世界最強の国」(the planet's most powerful countries)ランキングを発表した。

同調査によると、最高の国1位は米国だった。続いて、中国とロシアがそれぞれ2・3位となった。4位はドイツ、5位は英国だった。韓国は6位となった。

USNWRは韓国に対しては「韓国の先端技術、サービス基盤経済は外国人投資の成功事例としてOECD開発援助委員会基金の最初の受恵者になり、その後基金寄付者になった」として「1960年代以降着実な成長と貧困の減少を経験し、現在は全体的に世界最大の経済国の一つだ。世界最大の国民総貯蓄(GNS)と外国人投資家の保有比率を保有している」と評価した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기