본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

デモでiPhone600万台の生産に支障…アップル、製造工場の「脱中国化」加速か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
アップルの最大協力会社フォックスコンの中国河南省鄭州工場のデモで最新モデルiPhone 14 Proの生産量が急減する見通しだ。アップルは中国工場の生産支障が続くと「脱中国化」に乗り出した。

ブルームバーグ通信は現地関係者を引用して「鄭州工場の事態悪化で最近2週間生産量の減少推定値が増えた」として「今年iPhone 14 Proの生産が600万台程度減るだろう」と28日(現地時間)伝えた。

フォックスコン鄭州工場は、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの85%ほどを生産する。iPhone 14 Proシリーズはアップルが9月に発売したモデルだ。この工場は「ゼロコロナ」封鎖政策に対する労働者の反発で深刻な人材難に陥った。先月、この工場で新型コロナが発生すると不安感を感じた労働者が集団脱出して故郷に戻り、最近補充された新規人員も22日手当て問題と厳しい防疫政策に抗議するデモを行った後、工場を離れた。外信によると、全体20万人に2万~3万人が退社したと推定される。ブルームバーグは、iPhone 14 Pro1台の価格が1000ドル(約13万円)であることを考えると、少なくとも60億ドルの損失を被る可能性があると推算した。

中国リスクが大きくなったアップルは生産基地をインドやベトナムなどに移すことに速度を上げるものとみられる。ロイターは11日、フォックスコンが今後2年間、インド南部工場の人員を現在1万7000人の4倍以上にあたる7万人に増やすと予想した。最新のiPhone生産への支障を受け、同日のアップルの株価は先週末より2.6%下がった144.22ドルで取引を終えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기