본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国防総省「中国、核弾頭備蓄量増加へ…2035年には1500個見通し」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中国が2034年には現在より4倍近く多い核弾頭を保有することになると米国防総省が見通した。

29日(現地時間)CNNなどによると、米国防総省が同日発表した「中国軍事力報告書」で、中国の核弾頭備蓄量が今年の400個水準から2035年には1500個に増える可能性があると分析した。

米国は、中国が当初の推定より早く核弾頭を増やしていることを明らかにした。2020年当時、200個序盤を保有しており、10年以内に2倍になると予想したが、わずか2年で到達した。このままなら、中国は2035年に1500個の核弾頭を保有することになるというのが国防総省の推定だ。

これは米国やロシアの核弾頭保有量には大きく及ばない水準だが、速い速度で規模が増加していると米国防総省は評価した。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、今年1月基準でロシアは5977個、米国は5428個の核弾頭を保有していると推定された。

米国防総省高官はこの日のブリーフィングで「ここ数年間、われわれが実際に見たのはこのような加速化した拡張」とし「具体化している能力と新しい数値は長期的に彼らの意図が何なのかに疑問を提起する」と指摘した。

また、報告書は中国が昨年135個の弾道ミサイル試験を行ったことを把握した。

これは全世界を合わせたものより多い数値だと伝えた。ただ、ウクライナ戦争で使用された弾道ミサイルは含まれていないと付け加えた。

昨年7月に試験発射した極超音速ミサイルは4万キロを飛んだが、これまで中国の地上攻撃兵器の中で最も長い飛行だったと説明した。

報告書は、中国常備軍は約100万人に近いと推算した。海軍は艦艇数を基に世界最大、空軍は世界3番目の能力を保有していると分析した。

報告書は「中国は軍事力増強を彼らの世界観を反映する国際システムを作るためのツールの一つとして使用している」とし「米国の国家安保に最も結果的かつ体系的(consequential and systemic)な挑戦を提起する」と指摘した。

また「核能力の増大は中国が『簡素で効率的』(lean and efficient)な核抑止力と呼んでいたのとは程遠い」とし「中国の陸・海・空三角基盤の核発射オプションへの投資は米国懸念の原因になっている」と警戒した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기