본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

W杯脱落した中国前監督粛清か…彼に適用された容疑とは?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の本戦進出に失敗した中国男子サッカー代表チームの前監督が事実上粛清された。

澎湃など中国メディアは26日、中国男子サッカー代表チーム監督を務めた李鉄氏が「重大な違法容疑」で現在共産党中央規律検査委員会・国家監察委員会の国家体育総局駐在規律検査チームと湖北省監察委員会の監察調査を受けていると報道した。

李前監督が受けている具体的な容疑の内容は明らかになっていない。

中央規律委と監察委は中国の最高監査機関だ。通常は特定人に対する調査・監察を公開する際に具体的な容疑は指摘せず、深刻な違法行為があるという程度の表現を使う。

李前監督は2002年のW杯韓日大会の際に中国代表チームのミッドフィルダーとして出場したスタープレーヤーだった。2020年1月に中国サッカーファンの大きな期待の中で代表チームの指揮を取ったがカタール大会予選で不振を繰り返すと批判を受け、結局予選途中の昨年12月に指揮棒を下ろした。

李前監督が一時逮捕されたという説まで出てきた。逮捕の有無は確認されていないが、中国で規律監察委の監察調査を受けるということは再起が難しい「粛清」と見なされる。

違法容疑があるとはいうがW杯が行われている状況で中国当局が李前監督に対する監察調査の事実を公開した背景にも関心が集まっている。

今大会序盤のアジアチームの善戦の中で中国サッカーの不振に対する世論の批判視線をかわすスケープゴートに李前監督が上げられたのではないかとの推測も一部から出ている。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기