본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「私の人生、イ・スンギを殺すのに使う」所属事務所代表の録音記録が波紋

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2020年12月17日、イ・スンギさんの7thアルバム『THE PROJECT』発売記念オンライン記者懇談会[HOOKエンターテインメント]

歌手兼俳優イ・スンギさんと音源収益をめぐって対立している所属事務所HOOKエンターテインメントのクォン・ジニョン代表の録音記録が公開された。

芸能メディア「ディスパッチ」は、クォン代表が17日HOOKエンターテインメント(以下、フック)の理事およびイ・スンギさんのマネージャーなどが集まった席で交わした対話の録音記録を確保し、23日公開した。

該当録音ファイルは17日、イ・スンギさんがフックに精算問題関連内容証明を送った後、クォン代表や所属事務所理事、イ・スンギさんのマネージャーが集まった席で録音されたものだ。ディスパッチは、該当録音はマネージャーが自分を保護するために記録したものだと説明した。

クォン代表はこの録取録で「もうどうでもいいという風に内容証明を送るようだが、私の名前をかけてぶっ殺す」として「私の残りの人生、あのXXを殺すのに使う」と話した。

クォン代表は音源の精算内訳資料問題について会計チームの職員を責めた。クォン代表は「私たちがXXX(会計チームの職員)にあげたが、あの人がやらなかったのじゃない。あのX、働きたくないからやらなかったんだろう。それをはっきりと明らかにするというのに、なぜふざけるのか」と話した。

イ・スンギさんのマネージャーは、ディスパッチにイ・スンギさんが音源の精算に問題を提起することができなかった理由が「ガスライティング」のためだったと主張した。

マネージャーは「代表はいつも『お前はマイナス歌手だ。お前のファンたちはお金は使わないのに要求ばかり多い。お前は他のこと(演技、バラエティ)でお金をたくさん稼いでるだろう。歌手はただのファンサービスだと思って』と洗脳させた」とし「ここで精算部分を問い詰めると? 大きく怒られる。イ・スンギさんの立場ではお金をもらうより悪口を言われない方を選んだわけだ」と話した。

一方、イ・スンギさんは2004年デビュー以来18年間活動し、計137曲を発表したが、所属事務所フックから音源収益に対する精算を1ウォンも受け取れなかったと主張し、最近所属事務所に内容証明を送った。

これに対して、クォン代表は21日立場を出して「今後フックや私個人が法的に責任を負うべき部分が明確に確認されれば、退いたり回避したりせずにすべての責任を負わせていただく」とし「すべての方々にこれ以上ご迷惑をおかけすることがないようさらに注意を払う」と明らかにした。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기