본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ウクライナ「ロシア、第2次動員令推進…今回は70万人徴兵のもよう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ロシアの攻撃で破壊されたハルキウ(ハリコフ)の学校

ウクライナ戦争で兵力不足を強いられているロシアが第2次動員令を通じて最大70万人を招集する計画を立てているというウクライナ政府要人の主張が22日(現地時間)、出てきた。

この日、英国スカイニュースによると、ウクライナのアントン・ヘラシチェンコ内相顧問はツイッターに「ロシアが来年1月に第2次動員令を発令する準備をしている」としながら「50万~70万人を動員する計画」と明らかにした。ヘラシチェンコ氏は「以前動員された30万人はすでに戦死するか負傷しており、戦闘意志を喪失している」としながら「ロシア人は静かに当局に不満を抱き始めた」と伝えた。ただしヘラシチェンコ氏はこのような主張を裏付けるほどの資料は公開しなかった。

スカイニュースはヘラシチェンコ氏の主張が事実なら、戦争状況がロシアのプーチン大統領が考えたように進まなくなっているという意味であり、ロシアが兵士の補充を通じて長期戦に備えようとしていると伝えた。

ロシアのウクライナ侵攻が約9カ月間持続し、ロシア側は兵力不足に苦しめられている。これに対してロシアは今年9月に下した動員令を通じて予備軍30万人余りを徴集したと明らかにした。

ロシア政治専門家である筑波大学の中村逸郎名誉教授は「ロシア政府に反抗的な人物や重病にかかった人が動員される場合もあった」としながら「彼らを動員しなければならないほどロシア軍の兵士不足は深刻だという意味」と伝えた。

また、フォーブスによると、動員された兵士たちを対象に当初予定された3カ月間の訓練は行われないまま彼らは直ちに戦場に投入された。ロシア系独立メディア「メドゥーサ」は戦闘能力が低い兵士は「人間盾」と呼ばれて最前方に配置されたと伝えた。

外信によると、これら兵士に支給された装備の中には70年代の旧式で錆ついた銃や穴の空いた防弾服などがあった。さらに劣悪な装備まで不足して武器などを各自購入して準備するという命令を受けた兵士もいると外信は伝えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기