본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

『恋慕』韓国ドラマ初の国際エミー賞受賞

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ドラマ『恋慕』のポスター [KBS]

KBS2ドラマ『恋慕』が韓国ドラマで初めて国際エミー賞を受賞した。『恋慕』は21日(現地時間)、米ニューヨークで開かれた第50回国際エミー賞授賞式でブラジルの『Nos Tempos Do Imperador』、スペインの『Dos Vidas』、中国の『キミだけのヒーローになりたい』を抑えて「テレノベラ」部門を制した。テレノベラはテレビの「Tele」と小説を意味するスペイン語「Novela」の合成語で南米に由来する。国際エミー賞では、英米圏以外の地域で制作されるドラマを通称する。

『恋慕』は双子に生まれ、女児という理由だけで捨てられた子どもが兄の世孫が死に、男装して代わりに世子になることで起きることを描いた作品だ。女優パク・ウンビンが皇太子のイ・フィ役を演じ、歌手兼俳優のロウンが侍講院の司書チョン・ジウン役を演じ、昨年12月放送当時、最高視聴率12.1%を記録した。時代劇としては初めてネットフリックステレビショー部門のグローバルトップ10(4位)入りするなど話題を集めた。

KBSドラマセンターのイ・ゴンジュン・センター長は「韓国ドラマで初めて国際エミー賞を受賞できて嬉しい。Kコンテンツの底力を維持するのにKBSドラマが大きな役割を果たせるように最善を尽くしていきたい」と感想を述べた。制作会社アークメディアのキム・ハンサン、アン・チャンヒョン代表は「韓国ドラマの底力を立証しただけでなく、韓国時代劇の魅力が世界的に通じたという事実もやはり胸がいっぱいだ。これからもウェルメイドKコンテンツを制作するために最善を尽くす」と話した。

CJグループのイ・ミギョン副会長は、韓流の世界的な拡散と文化産業の発展に貢献した功労が認められ、功労賞を受賞した。イ副会長は韓国映画で初めて2019年カンヌ国際映画祭パルムドールと2020年アカデミー作品賞を受賞した『パラサイト半地下の家族』をはじめ、今年カンヌ映画祭監督賞(パク・チャヌク)受賞作『別れる決心』と主演男優賞(ソン・ガンホ)受賞作『ブローカー』の総括プロデューサーを務めた。この日、授賞者として参加した俳優ソン・ジュンギはイ副会長を「韓国文化のアンバサダー」と紹介した。韓国人の功労賞受賞は2012年当時、KBSのキム・インギュ社長に続いて2度目だ。

イ副会長は「CJがエンターテインメント事業を始めて以来、約25年間数多くのクリエイターが夢を実現できるように文化的架け橋の役割を続けることができてうれしく思う」と明らかにした。また「『パラサイト』『別れる決心』など韓国コンテンツが世界的に認められるのが韓国人として誇りであると同時に全世界の人々に誰もが文化の主流になれるという希望を与えたという点でさらに意味深い」として「皆が共感できる話を通じて全世界を一つにつなげ、より多くのクリエイターが才能を発揮できるように支援を続けていく」と述べた。

国際エミー賞はカナダの「バンフテレビ祭」、モナコの「モンテカルロ・テレビ祭」とともに世界3大放送賞と呼ばれる。米国を除いた国の作品を対象にしており、放送界のアカデミー賞と呼ばれるプライムタイム・エミー賞とは区別される。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기